ai婚活!自治体婚活事業支援!価値観診断は!アプリ政府とは!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、リアルタイムに表示されていたai婚活に基づいて

「ai婚活!自治体婚活事業支援!価値観診断は!アプリ政府とは!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

ai婚活!自治体婚活事業支援!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

少子高齢化が進み、生涯独身率も上昇する中、

政府が2021年度から人工知能(AI)

ビッグデータを活用した

地方自治体の婚活支援事業を

支援することが分かった。

すでに埼玉県や愛知県などで

導入されているシステムだが、

AIはどうやって「運命の人」を見つけるのか!

内閣府によると、

一部自治体でAIやビッグデータを活用した

婚活支援が実績を挙げていることから、

2021年度予算の概算要求に20億円を計上しました。

減少が止まらない婚姻数や

初婚年齢の上昇を改善する狙いだそうです。

入会後に「どのようなパートナーが好ましいか」

「パートナーに求めること」など

110問の質問に回答すると、

過去の事例に基づいてAIが診断し、

お相手候補を選ぶといいます。

診断はスマホやPCから手軽に受けることができ、

その後オススメされた相手に会う流れとなります。

秋田県も同様のシステムを20年2月から

導入しています。

いち早くビッグデータを活用し、

数多くの成婚に結び付けているのが、愛媛県です。

県が結婚支援事業を委託している

「えひめ結婚支援センター」では、

11年度にICT(情報通信技術)

使った独自システムを運用し、

13年度にビッグデータによる

オススメ機能を導入しました。

利用者は趣味や職業、血液型といった

プロフィールや自己PRを記載することで、

相性の合う人が自動的に抽出されます。

このシステムでは、

利用者がパートナーに求める「年収」「年齢」

などの条件に基づいたマッチングは行いません。

従来は年収や年齢、顔写真などといった条件で

パートナーを選ぶという傾向が強く、

なかなかカップル成立にまで至らない

ケースも多かったようです。

また女性からアプローチする方が

カップル成立件数が多いというデータもあります。

婚活イベントにもビッグデータは活用され、

効率的にパートナーを見つけることもできます。

料金は男女ともに2年間で1万円で、

イベントには別途料金が必要となります。

11年10月以降、1万1332組のカップルが誕生し、

1168組の成婚がありました。

ビッグデータを利用した成婚数は公表していないが、

担当者によれば「確実に増えている」といいます。

仲人さんが「ai!」世の中ドンドン変化しているんですね!

ai婚活!価値観診断は!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(33)が、

フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演し

政府が少子化対策の一環として、

自治体を支援する「AI婚活」

試しにやってみた感想をコメントしました。

政府は2021年度から自治体の「AI婚活」

システム導入費用を一部負担する方針としています。

お笑い芸人・おばたのお兄さん(32)を

夫に持つ山崎アナだが、

この話題をトークするため

「さきほどAI婚活を実際にやってみました」といいます。

今回は深層心理を探るAI婚活「価値観診断」を実施!

「自分が何を大切にしているかと

相手に何をされたら嫌相手に求める価値観を

合わせて112個の質問があったんですけど

後半にいくにつれてだんだん考える力が

なくなってくるんですよ」説明し、

「直感で選ぶのである意味、

自分の潜在意識みたいなのが出てきたから

本能で“何を求めてるか”

っていうのが出やすいのかと思いました」

と感想を語っていました。

ai婚活!アプリ政府とは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

政府が、少子化対策の一環として

自治体による“AI婚活システム”

導入を支援する方針を決めました。

想定するシステムは、

結婚希望者の年齢や趣味といった

プロフィールや、

行動履歴などのビッグデータを活用し、

利用者を好んでいそうな人を見つけて

マッチングするというものです。

内閣府の少子化対策担当者は

「マッチング割合が(AIを使わない)

従来型システム

より高い」と期待を込めています。

いかがだったでしょうか!

今日も、最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。