浅田真央30歳!夢は古民家生活!特性を良く理解する必要あり!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、yahooニュースに取り上げられていたネタを

元に「浅田真央30歳!夢は古民家生活!特性を良く理解する必要あり!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

浅田真央さん30歳!夢は古民家生活!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

自らが座長を務めるアイスショー

「サンクスツアー」で

全国を回ったり、テレビなど様々な

メディアに出演したり、

現役引退から約4年経ちますが

華やかで幅広い活動を続けています。

30歳の節目を迎え、夢を一つ教えてくれました。

 「田舎生活をしようと思います」

 古民家を探しに行く、という本気度!

この10年もの間、温めてきたプランだといいます。

「20歳ぐらいの時から無農薬のお野菜や

採れたてのお野菜をいただく機会が増えて、

少し興味を持ちました。

引退してからも、

けっこう田舎に行って、緑はきれいだなとか、

森に入ったらすごい癒やされるな、と。

そこからですね」

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

 

「自分でお野菜を作ったり、

お米や調味料を作ったりできたら、

それが一番のぜいたくじゃないかなと思っています。

今の時代、ずっと仕事で都内にいる必要もないですし、

自分の古民家と行ったり来たりしようかなと思います」

 

どんな生活なんだろう。

 

「ね、本当に。古民家を買ったはいいけど、

一人で住むっていうのは危ないと思いますよ。

ほんとほんと、熊を退治してくれるような男性がいないと」

「こういうことを軽はずみにメディアの人に言うと、

本当にニュースになっていろんな人から

いろんなことを言われるんで、

控えるようにしているんですよ。

ですけども、最終的には、やっぱり一緒にいて、

楽しいなとか、合う人がいいです。

中身のちゃんとした人がいいなと思って。

自分といろんなことがしっくり来るような、

一緒にいて楽しい人がいいですね」

と語っています。

浅田真央さん30歳!特性を良く理解する必要あり!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

古民家物件の特性を良く理解しておきましょう。

一般的に古民家の定義とは、

「民家のうち、特に古いもの」をさします。

築年数に明確な定義はないが、

国の文化財登録制度にあわせ、

50年以上を目安

にすることが多いようですね!

では、50年以上経過した家屋は

そのまま使えるでしょうか?

人が住んでしっかり手入れしていれば使えます。

ですが、古い建物には必ずと言っていいほど

修繕が必要な個所があります。

傾き・立付け不良・床下の根太等の

木材が痩せていたり腐食している等々!

長年重たい家を支えてきた土台付近には

特に注意した方がいいでしょう。

古民家を購入する際は、

ほぼ修繕が必要だと思ったほうがいいですね!

規模にもよりますが全て

リフォームすればやはり

1000万円以上はかかります。

まとまった予算がない場合、

一つの考え方ですが、

耐震等、安全性が問われる部分や修繕が

必要な部分だけリフォームしたり、

治体の耐震診断・耐震工事の補助制度や

移住者向けのリフォーム代補助の

制度等を活用して 必要な修繕のみ

入居時や入居して近い内に修繕し、

以後定期的に部分部分修理する

という方法もあります。

最近まで人が住んでいたような物件であれば

既に何十年という経過年数を耐え

抜いたしっかりした家だと思います。

ですが、古い分、これから先々長く使っていく為に

修繕し大事に使っていきたいものですね。

ご予算に余裕がある場合は不動産業者による

フルリフォーム古民家・リノベーション

物件もありますが、 場合によっては

新築住宅を買うような価格になります。

リフォーム済みの古民家では床下等の見えない

部分の工事がしっかりされているのか

注意も必要ですね!

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。