浅草のBグルメを調べてみました! 

皆さんこんにちは! アツボ―です。

今日は、6/22火20:57〜22:00

マツコの知らない世界 

絶品・浅草グルメ!ラーメン&ハヤシライス&抹茶スイーツ

の放送内容に基づき

「浅草のBグルメを調べてみました!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

浅草のBグルメを調べてみました

東京メトロ銀座線の浅草駅の隣の田原町駅!

3番出口をあがると焼きそばのいい香りがする。

屋台風の焼きそばが食べられるのがここ「花家」さんだ。

以前ご紹介した浅草地下街にある「福ちゃん」と同様、

店頭に置かれた鉄板で大量の焼きそばが

ジュージューと焼かれている。

いい香りに誘われて、店内へ。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

まるで、昭和という感じの椅子にテーブルが懐かしいです。

「焼きそば並とおいなりさんください」と注文。

さっと出てきたのがこちら。

お稲荷さんやおにぎりは店頭で売られている。

焼きそばもそうだけれど、テイクアウトもできる。

具はもやしとキャベツだけ。

細麺で、味付けは薄目だ。

浅草地下街の「福ちゃん」でもそうだったけれど、

卓上にあるソースで味付けをするようだ。

チープな味わいだけれど、それがまたいいんですよね!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

このおいなりさんは、油揚げがしっとりし、

ご飯がぎゅとかたく詰めてあって、おいしい。

家に帰って、パソコンでこのお店のことを調べていると、

国際通りの商店街のホームページが出てきた。

この国際通りには、11の商店街があるそうだ。

あ、そうだ、花家さんの並びはアーケード商店街になっている。

じゃ、コロッケ食べなきゃってことで

後日またうかがってみることにしました。

花家(はなや)

東京都台東区西浅草1-1-18

10:30~18:00

定休日:水曜日(ただし、毎月20日以降の水・木曜は連休)

なぜ国際通りという名前がついているのかといえば、

かつてここに有名な浅草国際劇場があったからだ。

今の浅草ビューホテルの場所に浅草国際劇場はあった。

1937年(昭和12年)から1982年(昭和57年)までのことで、

おもに松竹歌劇団(SKD)の公演が開催されていたが、

美空ひばりやドリフターズなどの公演も行われていた。

かつては田原町駅のこの階段をあがり浅草国際劇場へ

行く人たちの群れがあったのだそうだ。

とはいえ、今でも人通りは絶えない。

スーパーなどはあるけれど、コロッケを

売っているお総菜屋さんはないなぁと歩いていると

せんねんそばさんの店頭にコロッケ150円の文字

おお、こちらでいただこうかしら。

店内には券売機があった。

うわー、メニューが多くてわけがわからんぞ。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

えっと、まずはコロッケだ。

トッピング150円の券をポチッとな。

それから、えっと、迷いながらも「かけ」

260円をポチッとな。ついでに

「いなり」120円もいっとこう。

トッピング150円はいくつかあったので、

「コロッケでお願いします」と食券を渡す。

「お蕎麦にそのままのせちゃっていいですか」

と聞かれ、「はい、いいですよ」と返事。

で、カウンターに着席。こちら、

入り口に近い方にテーブル席、奥にカウンターがある。

カウンターから厨房が見える。

コロッケを揚げ始めているようだ。

しばし待つ。で、やってきたのがこちら。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

びっくり。大きなコロッケだねぇ。

蕎麦が見えないほど。

いっしょにおいなりさんもやってきた。

小ぶりないなりずしが2個。けっこう味つけは濃い目。

お蕎麦によく合う。おいしかったぁ。

せんねんそば 田原町店

東京都台東区西浅草1-7-20

24時間営業

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。