あさま山荘事件!死刑囚永田洋子とは!殉職者慰霊祭!人質現在!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、4/3(土)23:50〜00:35

アナザーストーリーズ「あさま山荘事件 立てこもり10日間の真相」

の放送内容に基づき

「あさま山荘事件!死刑囚永田洋子とは!殉職者慰霊祭!人質現在!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

あさま山荘事件!死刑囚永田洋子とは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

永田 洋子(ながた ひろこ)は、

日本のテロリスト、新左翼活動家です。

連合赤軍中央委員会副委員長を務めました。

複数のリンチ・殺人で死刑が確定していましたが、

執行前に脳腫瘍のため東京拘置所で獄死しました。

東京都本郷区元町(現・文京区本郷)出身。

生まれた2か月後に横浜市港北区綱島に

疎開し、小学4年までは父親が勤務する

電機会社の寮に住んでいました。

調布中学校・高等学校を経て1963年に

共立薬科大学薬学部に入学、

在学中に共産主義者同盟マルクス・レーニン

主義派の学生組織の活動に参加するようになり、

1964年5月に社学同ML派に加盟します。

1967年の卒業後は、慶應義塾大学病院の

研究生となり、同病院の薬局で無給の

医局員を務めた後、東京都品川区の

三水会病院や済生会病院に勤務しています。

この間、1967年5~6月頃、かつて社学同ML派に

参加していた縁で、社学同ML派元幹部河北三男と

川島豪による分派「警鐘」にオルグされ参加、

女性解放問題やボーナス団体交渉などの

労働運動にかかわり、一定の成果を挙げるが、

その後組織からの指示と本人の希望で、

薬剤師の仕事を辞め、活動に専従します。

その後、三里塚闘争で活動し、

「警鐘」と日本共産党を除名された

神奈川県の親中国派が合同した日本共産党(左派)

神奈川県委員会を経て、河北三男と川島を指導者と

する日本共産党(革命左派)神奈川県委員会の

メンバーとなります。

革命左派(京浜安保共闘)では、石井功子、

川島陽子とともに「京浜安保のおんな3戦士」

と呼ばれました。

「警鐘」に端を発する河北三男、川島グループの

活動家としては古参に属するが、

有力メンバーとは見なされておらず、

正式な党員として認められたのは、

1969年4月の革命左派結成時とかなり遅かっ

たようです。

あさま山荘事件!殉職者慰霊祭!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

あさま山荘事件から45年 殉職した2警官の慰霊祭を挙行!

「あさま山荘事件」の収束から45年が経った2月28日、

事件で殉職した警官2人の慰霊祭が南軽井沢の

顕彰碑「治安の礎」前で行われました。

軽井沢町防犯組合連合会(会長:藤巻進町長)の主催です。

軽井沢警察署員ら約30人が参列し、一分間の黙祷のあと、

一人ずつ献花しました。

事件当時、東京都内の警察署で警備係長を務めていた

軽井沢町の松尾昭洋さんは「事件には直接関わることが

なかったが、固唾を飲んで見守っていた」と振り返り、

「時代は変わったとは言え、事件を風化させてはいけない。

大勢の方が参列し、2人もお喜びになっていると思う」

と話しています。

事件は、連合赤軍メバーが山荘管理人の妻を

人質にとって10日間立てこもり、

1972年2月28日、警察が突入して人質を救出しました。

内田尚孝警視長と高見繁光警視正が銃撃され死亡!

あさま山荘事件の犠牲者

死亡者‎: ‎3名(警察官2名、民間人1名)

負傷者‎: ‎27名(警察官26名、報道関係者1名)

あさま山荘事件!人質現在!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

人質・牟田泰子さんに横領と駆け落ちの噂がありました。

人質となった牟田泰子さんは現在、

日本のどこかでひっそりと暮らしています。

また、事件現場となった浅間山荘は中国企業の

所有の青少年更生施設になっています。

牟田泰子さんは当時、九州で公金横領事件を起こして

長野県・軽井沢に駆け落ちしてきたと噂されていました。

映画『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』の中でも

横領と駆け落ちのシーンがあることから

事実とみる人も少なからずいるようです。

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。