金正恩の暴走ベンツと並ぶ北朝鮮の “恐ろしいクルマ”とは!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、YAHOO!JAPANのニュースに

取り上げられて記事を参考に

「金正恩の暴走ベンツと並ぶ北朝鮮の “恐ろしいクルマ”とは!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

金正恩の暴走ベンツと並ぶ北朝鮮の “恐ろしいクルマ”とは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

2010年初め、黄海南道に駐屯する

朝鮮人民軍第4軍団のある師団長の専用車が、

軍総政治局の会議に参加するため

平壌に向かっていました。

彼が乗っていたのは、

排気量3275ccのSUV「パラディン」です。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

国の自動車メーカー・東風汽車と

日本の日産自動車の合弁会社が

生産しているもので、北朝鮮は2007年、

この車を300台輸入し、軍の師団長と

師団政治委員たちに与えました。

当時の北朝鮮では、最新の車でした。

そんな車を、普段は田舎のデコボコ道で

走らせるばかりだった件の師団長は、

首都に通じる高速道路に進入するや、

整然と舗装されたアスファルトに

気分が浮き立ったのでしょうか!

「おい、思い切り踏んでみろ」

たぶん、運転兵にこのような

指示を与えたのでしょうね!

パラディンはぐんぐん加速し、

夜間でもあり車のまばらな

高速道路を疾走しました。

すると、彼らの車に追い越された

1台の乗用車が猛然と追い上げてきました。

そしてパラディンを追い越し、

道をふさぐようにして止まったのです。

見ると、車種はメルセデスベンツの「S600」でした。

北朝鮮では、ベンツは朝鮮労働党の

幹部だけが乗ることができるのです。

それも、大臣クラスの党書記ですら

「S280」止まりでなんです。

それをはるかに上回る高級車に

乗っているのは誰か?

師団長も運転兵も、

すっかり怯えて固まってしまいました。

するとS600の窓が開き、

ひとりの若者が顔を出すと、

パラディンをひとにらみして

何も言わず行ってしまいました。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

翌日、軍総政治局の会議場に、

その師団長の姿はなかったといいます。

軍事行政トップである人民武力相の

ささいな言動に激高し、

文字通り「ミンチ」にして処刑してしまう

正恩氏の気の短さを考えれば、

師団長が悲惨な末路を辿ったであろうことは

想像に難くないですね!

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)

朝鮮労働党委員長が使用する高級乗用車

「メルセデス・マイバッハS600ロングバージョン」は、ドイツで製造された後、

オランダのロッテルダムに輸送され、

その後、中国の大連、日本の大阪、韓国の

釜山を経てロシアのナホトカまで海上輸送され、

ウラジオストクから北朝鮮へ空輸?

つまり、「密輸」された可能性があるんですね!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

北朝鮮の公道を走る車両は、

ドイツ製の高級車メルセデスベンツの

比率が高いとされています。

車両の台数はかつてに比べ

大幅に増えたとされますが

それでも諸外国よりはだいぶ少ないようです。

その中にあって、

ベンツが良く目立っているということです。

一般の人々がクルマを所有するのが

難しい状況下でも、朝鮮労働党や朝鮮人民軍、

政府の幹部たちにはベンツが

あてがわれているからです。

そんな北朝鮮のクルマ事情の中で、

ひときわ特別な存在となっているのが、

イタリアのIVECO製のバスだといいます。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

秘密警察である国家保衛省の

特別逮捕チームが使用していることから、

「恐怖の象徴」として見られているようです。

ちなみに、金正恩氏が自ら運転する「暴走ベンツ」

も非常に恐ろしい存在と言えますが

今後はIVECOのバスが北朝鮮国民に

恐怖を抱かせる回数が

増えてくるかもしれないですね!

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。