古舘裕三(ドローン)の年収や操縦資格・試験が気になる!【明日へつなげよう】

こんにちは! アツボ―です。

今日は、明日へ つなげよう「ラジコンカーおじさん空に挑む」

2020年11月19日(木) 25時00分~25時50分 の放送内容に基づき

「古舘裕三(ドローン)の年収や操縦資格・試験が気になる!」について

調べました。どうぞご覧ください!

スポンサーリンク

古舘裕三さんプロフィール!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

古舘裕三(ふるだてゆうぞう)

会社名: 株式会社トップクルー

専門分野 :ドローンの販売・修理/ドローンスクール運営

特徴 :産業用ドローンをビジネス利用したい人を丁寧に育成。操縦技術の訓練だけでな

く、測量、農薬散布などの専門知識も細かく指導。

資格: 産業用マルチ・ローター指導教官

住所 :〒025-0094

岩手県 花巻市桜木町3-7-1

本社・宮古市根市2-33-2

電話 :0198-29-4120

古舘裕三(ドローン)の年収は!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

あくまでも、世間一般の年収を基準にしています。

古舘裕三さんは、会社経営をされておられますので、世間一般の年収の基準より

更に多いものと予測されます。

●測量技術者350万?600万円

●太陽光発電所保守要員300万~550万円

●ドローンスクール技術指導員・講師276万~450万円

ドローン操縦士の年収は、平均して300万~530万円、月収ベースではおおむね20~30

万円という割合です。

業態としては、建設会社などで測量技術者や保守点検者として勤務する割合が多く、

次いでフリー、他に副業で取り組んでいる方などがいます。

この他にもメディア向けに空撮業務を行っている方など、フリーの操縦士となると人脈や

スキル次第で年収も増えていきます。

年収一億円のドローンパイロット・請川博一氏など、輝かしい実績を残す方も出てきてい

ますね。

古舘裕三さんは、2017年6月には、産業用のドローンサービスを提供する株式会社トッ

プクルーの設立に至ります。

産業用としての利用はもちろん、動画撮影の仕事なども依頼されるようになり、

様々な飛行経験を重ね、操縦技術を磨きました。

ドローンの活用用途は年々広がり続けています。

例えば、農薬散布、建設会社の測量なども一般的になってきました。

その現状に呼応するようにドローンを使って仕事をしたい方も増えています。

その理由として金額的なハードルの低さがあります。例えば、農薬散布用のラジコンヘリ

は1,500万円程度かかるのに対し、産業用ドローンの機体は200万円程度で購入可能で

す。

古舘裕三(ドローン)操縦資格・試験が気になる!

2017年、ドローン界で一番難しいと言われる、SkyLink×RaveProject認定の「ドローン

操縦技能認定試験」を突破し、PROパイロットに認定されました。

これは2019年5月現在、日本国内でも25名しかいない難関資格であり、岩手県では古舘

さんしかいません。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

次に簡単な内容ではありますが、ドローン操縦技能認定試験の内容について調べてみまし

た。

座学講習

教科書やスライドをもとに、安全運用、ドローンのメカニズムや航空法、

飛行計画、事故やトラブル事例からの対応・予防事例などを学びます。

技能試験
JDCドローン技能検定では3演技を「優、良、可、不可」で教官により総合評価されま

す。3演技において「不可」がなければ、JDCドローン技能検定(実技)は合格となりま

す。

※本実技試験は、総飛行時間10時間以上の(相応の操縦スキルを持つ)方を対象としてお

ります。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

いかがだったでしょうか!

今日は、「古舘裕三!ドローンで稼ぐ、「ドローン操縦技能認定試験」突破!」について

調べました。皆さんの参考になれば幸いです。