江角悠太、志摩市民病院院長、2億円収支改善、新米36歳!【逆転人生】

こんにちは! アツボ―です。

今日は、逆転人生「過疎地の病院を救え 新米医師の奮闘」、江角悠太さんを、志摩市民

病院院長、2億円収支改善、新米36歳!をしらべました。2020年11月2日(月) 22

時.00分~22時45分放送、事前調査を皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

江角悠太さん志摩市民病院院長!

三重県志摩市の志摩市民病院は、志摩市南部の在宅医療で重要な役割を担う中核病院で

す。かつては毎年7億円の赤字を垂れ流す「ダメ病院」でしたが、病院長を兼任する医師

の江角悠太さん(38)の改革で、「どんな患者も絶対に断らない病院」として再生しま

した。

そんな江角さんを動かしたのは、医師である父親の「人生を人のために使いなさい」とい

う言葉でした。年間赤字7億円にもがく若き病院長を救った「研修生」たち、

年間7億円の赤字で苦しんでいた三重県・国民健康保険志摩市民病院を見事に再生させた

病院長の江角悠太さん(38)。だが、それは自分1人で成し遂げたものではありませんで

した。江角さんが巻き込んだ多くの研修生がいたからこそできた面も大きいのです。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

江角悠太さん2億円収支改善

病院が「なくなると何かあった時に不安」「安心して暮らしたい」「見捨てないでくれ」

という声もありました。

「なくしてはいけない。志摩民病院がなくなると、志摩市の医療が崩壊する」

そう結論づけた江角さんは、病院として成り立たせるために知り合いの医師を必死に口説

き、常勤医師1人、非常勤医師3人(当時)をなんとか確保し、新院長としての仕事を開

始しました。

■「絶対に断らない」方針で、毎年1億円の赤字を削減そこから新院長は驚きの手腕を見せるのです。

「医療ニーズは、やはり地元にあったんです。それまで志摩市民病院は、

救急要請があっても専門外だと言って断ってばかりいました。そのために

収入も少なく、地域住民からも信頼されていなかったんです。だから、江

角さんが院長になった時に『絶対に断らない』をモトーに掲げました。と

にかく断らず、自分に回してくれと。これをやり続けたら、患者さんが来

てくれるようになりました。

そして、職員のモチベーションが上がりました。これにはとても感動しま

した」(江角さん)

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

江角悠太さん新米36歳!

医師・看護師が一斉退職し、住民からの信頼も失った三重・志摩の市民病院。再建を託さ

れたのは、新米医師だった江角悠太さん。エリート医師の父に反発して荒れた学生時代を

送ったが、東日本大震災でのボランティア経験を通して地域医療に身を捧げると決意しま

した。

「どんな患者も断らない」をモットーに、徐々に病院を立て直していきます。

だが医師不足や赤字経営は深刻で、再び存続の危機に、その時、予想外の助っ人が現れま

した。感涙の物語。例えば、34歳で院長に就任した当初、人手不足で実施できなくなっ

ていた「夜間救急」は三重大学などの医学部生を中心とした研修生がいたから復活できた

ことです。

病院に研修にきていた医学部生たちは自発的に夜間救急サポートチーム「しまうま」を立

ち上げました。彼らは医師や看護師ではないため医療行為はできませんが、診察に来た患

者の受付や介助ならできたのです。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

いかがだったでしょうか!

江角悠太さんを、志摩市民病院院長、2億円収支改善、新米36歳!の放送が楽しみです

ね!