フランク・ロイド・ライト代表作、芦屋、椅子、天才の建築家!【世界ふしぎ発見!】

こんにちは! アツボ―です。

今日は、フランク・ロイド・ライト代表作、芦屋、椅子、天才の建築家!【世界ふしぎ発見!】2020.10.24.21:00放送の番組に興味を持ち調べたみました。皆さんもご覧くださ

い!

スポンサーリンク

フランク・ロイド・ライト代表作とは!

近代建築の三大巨匠のひとりに数えられるフランク・ロイド・ライト、2019年7月、代

表作である落水荘、グッデンハイム美術館など8つの建築群が世界文化遺産に登録される

ことが決まりました。

実現した400を超える作品のうち日本に現存するのは4つです。たった4つと思うなかれ

です。アメリカ国外で残るのは日本のみ。2棟は重要文化財、1棟は登録有形文化財で手

軽な見学が可能。日本はライト建築を体感するのに非常に恵まれた環境にあるのです。

帝国ホテル中央玄関

■所在地:明治村(愛知県犬山市字内山1)
■見学料金:大人1700円(入村料)

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

林愛作邸(電通八星苑)

■所在地:東京都世田谷区駒沢1丁目1-30
■見学不可

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

自由学園明日館国重要文化財

■所在地:東京都豊島区西池袋2丁目31-3
■見学料金:400円ほか

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

山邑邸(ヨドコウ迎賓館)国重要文化財

■所在地:兵庫県芦屋市山手町3-10

■見学料金:大人500

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

フランク・ロイド・ライト芦屋

造り酒屋の山邑太左衛門の別邸として、ライト来日時に設計され、遠藤新のもと1924年

に竣工、完全な形で日本に現存する唯一のフランク・ロイド・ライトの作品となるようで

す。現在は所有が何度か替わり、淀川製鋼所(ヨドコウ)迎賓館として一般公開されてい

ます。阪急芦屋川駅から芦屋川沿いを昇って10分です。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

フランク・ロイド・ライト椅子

バレルチェア、バレル=樽という名の通り、丸い座面をぐるりと囲む背もたれとアームを

一体化したデザインです。木製ならではの素朴さとは反して、規則的な細い直線と革が迫

力を感じさせます。見た目も高級感あふれるデザインです。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

フランク・ロイド・ライト天才の建築家!

1867年ウィスコンシン州に生まれます。

マデイソンのウィンコシン大学工学部で学んだ後、1888年~1893年までルイス・サリヴ

ァンの建築事務所で働いています。

1893年にはシカゴ博で日本館「鳳凰殿」に強い関心を持ち、ライトにとって最初に接し

た日本建築です。この年、シカゴで独立します。

1905年には施主の招きで初来日、日光に旅をしたり、浮世絵を集めたりした。その後ヨ

ーロッパを周り、ベルリンでの博覧会と「完成作品とデザイン」という著者により、ヴァ

ルター・グロピウスやミース・ファン・デ・ローエ などの建築家に大きな影響を与えま

す。1912年より東京の帝国ホテルの設計に着手。1923年7月、竣工披露宴当日に関東大

震災が発生するもホテルは無傷でした。建築作品は他にペンシルバニア州のカウフマン邸

(落水荘)、ニューヨークのグッケンハイム美術館等が有名です。「自然と建築の共存」を

コンセプトに広く世界で活躍しました。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

いかがだったでしょうか!

本日は、フランク・ロイド・ライトについて調べてみました。皆さんのお役に立てば幸いで

す。