新貝晃一郎木綿布団!なぜ布団職人に?夢を叶えるため大切なこと!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、2/16火22:30〜23:15

プロフェッショナル

「誰にでもできることを、とことん〜布団職人・新貝晃一郎〜」

の放送内容に基づき

「新貝晃一郎木綿布団!なぜ布団職人に?夢を叶えるため大切なこと!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

新貝晃一郎さん木綿布団!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

経歴

しんがい こういちろう
新貝   晃一郎

昭和39年静岡県清水市(現在静岡市)生まれ

東京蒲団技術学院 卒

国家検定一級寝具技能士

寝具制作 中央技能検委員

寝具科   職業訓練指導士

静岡県技能競技大会最優秀賞、県知事賞受賞
(社)静岡技能士会連合会

第15回全国技能グランプリ 

寝具制作の部優勝 労働大臣賞

中央職業能力開発協会(社)全国技能士会連合会

全国綿寝具工業組合連合会 常任理事

静岡県わた寝具商工組合   理事

新貝晃一郎さんのこだわり

最上級の木綿原料を使い

心をこめて匠の技で作った布団を

1人でも多くのお客様に

使っていただきたいとの信念!

その為に職人の持つ本来の技で

一生懸命布団を作らています。

布団の角迄丁寧に綿を入れてゆき

お客様の身長や体重に合わせて1枚の

お布団を作り上げてゆきます。

お日様の恵みをいっぱい受けた

綿100%のお布団

良い睡眠をとって明日への

活力を回復してゆく

木綿布団!最高ですね!

新貝晃一郎さんなぜ布団職人に?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

高校卒業後は、東京蒲団技術学院

に通いながら、布団屋で修業をし、

卒業後は実家に戻り稼業の

新貝ふとん店で働き始めます。

新貝ふとん店はお爺さんの代から

90年近く続く老舗の店、地域と深くかかわり

信頼されてるふとん店だからこそ

現在も発展し続けてます。

新貝浩一郎さんが作る木綿わた布団のこだわり

★原料となる綿は産地インドまで出かけて

品を見定めた天然素材、お客さまの

体格や生活スタイルによって、

中に入れる綿をブレンドしている事。

★長く心地よく使ってもたうために、

加重や経年劣化などを考えて中心が

少し厚くなるように中央部分を

厚めに綿入れをしている事。

角まで綿が入り綺麗に仕上げてるのも特徴です。

天然繊維の木綿わたを使用した綿敷ふとんは、

汗をよく吸い、弾力性・保温性にも優れ

天日干しした布団のふかふか感と

寝心地の良さがあり、

掛布団はふゆの冷たさを感じず、

人肌で温まった熱を逃がさないのが

木綿布団の特徴です。

新貝晃一郎さんの木綿わた布団、

天日干しでフワフワ感布団で

疲れをとり気持ち良い朝を迎えてみたいですね!

新貝晃一郎さん夢を叶えるため大切なこと!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

衆院静岡4区選出で元環境相の望月義夫氏が

生前に発注した座布団がこのほど仕上がり、

英国チャールズ皇太子への

贈り物として海を渡りました。

座布団を手掛けたのは望月氏の

地元静岡市清水区興津でふとん店を営む

新貝晃一郎さん(55)です。

望月氏は生地選びから気を配り、

亡くなる1週間ほど前に完成品と対面。

その出来栄えに満足していました。

望月氏は10月の天皇陛下即位礼正殿の儀で

チャールズ皇太子と座席が隣り合わせでした。

チャールズ皇太子が腰に座布団を当てているのに

気づき自身も製品を愛用している

新貝さんのふとん店を紹介したといいます。

11月初旬に同店で注文!

2017年に現代の名工に選ばれ、

19年5月には黄綬褒章を受章した

新貝さんの技術に託しました。

柄は緑色の布地に純金で織り上げた

鳳凰(ほうおう)柄と、即位の礼で天皇陛下が

着用された黄櫨染(こうろぜん)を模した柄の2種!

生地は望月氏が選び、

中綿は新貝さんが世界から集めた

綿をブレンドしました。

サイズ違いで三つの座布団を用意しました。

布団には、静岡県綿寝具商工組合が発行し、

静岡県の製品を表す「富士山ラベル」も。

地元の製品が世界へ渡ることを

喜んでいたという望月氏の思いを受け、

新貝さんは

「地元を愛していた義夫さんの

仕事に関われたことが光栄

義夫さんの思いに報いるため、

これからも技術の発展に貢献したい」

と話していました。

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。