橋本周司!機動戦士ガンダムを動かせ!夢に挑んだエンジニア!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、 ガンダムを動かせ~夢に挑んだエンジニアたち~

2020年12月21日(月) 22時00分~23時00分 の放送内容に

基づき

「橋本周司!機動戦士ガンダムを動かせ!夢に挑んだエンジニア!」

と題し調べてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

橋本周司さん機動戦士ガンダムを動かせ!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

橋本周司さん機動戦士ガンダムを動かせ!

実物大ガンダムを動かすプロジェクトは、2014年に

「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」として

始動しました。

ガンダムが人類とスペースノイドの戦いをくぐり抜け、

機体は失われたと言われていたが、

山下ふ頭近郊でパーツが大量に発見され、

エンジニアたちが研究、分析、再構築した!という設定です。

実現可能性、安全性、デザインなどを考慮して、

研究者、エンジニアなどが検証、設計したものです。

動く実物大ガンダムは、横浜・山下ふ頭の施設

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に設置されました。

施設は12月19日にオープンします。

一般公開直前の最後の起動テストを生中継する「生中継!ガンダム動く」が、

NHK・BSプレミアムで12月18日午後4時半に放送されます。

番組では、横浜・山下ふ頭に登場する18mの動く実物大ガンダムの

一般公開直前の最後の起動テストに密着します。

横浜の美しい夜景の中、迫力満点の動きを12台のカメラで生中継し、

初公開のアクションや限定のスぺシャル演出も披露されます。

なお、NHK BSプレミアムでは、同日14:51から、

『機動戦士ガンダム』がどのように生まれたのか?

をテーマに、現場を支えたクリエイターたちの証言で描く

ドキュメンタリー!

『ガンダム誕生秘話 完全保存版』を放送するほか、

23:15からは『ガンダム動く』の再放送も実施されます。

そして、12月21日(月)22:00からは、NHK総合テレビで

『ガンダムを動かせ~夢に挑んだエンジニアたち~』を放送!

実物大ガンダムを動かすという壮大な夢に挑んだ技術者たちを

取り上げるドキュメンタリーとなっております。

ゲストに、18mの実物大ガンダムを動かし一般公開することを目指す

プロジェクトの監修を務めた、早稲田大学の橋本周司名誉教授のほか、

及川光博さん、片桐 仁さんも出演します。

司会を設楽 統さんが担当します。

どの番組も見逃せない内容となっているので、

ぜひともリアルタイムで視聴したいですね!

橋本周司さん夢に挑んだエンジニア!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

早稲田大学 名誉教授

橋本周司氏

1948年生まれ。1970年早稲田大学理工学部応用物理学科卒業。

同大学院理工学研究科を経て、1977年早稲田大学工学博士。

1993年より早稲田大学理工学部教授に就任。

2006年より2010年まで理工学術院長。

2010年11月より2018年まで早稲田大学副総長。

確率過程の応用、画像処理、ロボティクス、

音楽情報処理、などの研究を通して、

人間共存ロボット、メタアルゴリズム、感性情報処理、

ヒューマンインタフェースに興味を持つ。

リアリティーある世界観でロボットアニメに革命をもたらした

「機動戦士ガンダム」!

アニメの設定である全高18mのガンダムが動きました。

動かしたのは、少年時代にガンダムに夢を描いたエンジニアたちの

情熱と技術です。

産業用ロボットに使われる精密モーターと新開発の減速機、

全身を調和させて動かします。

そして、6階建てビルに匹敵する巨体を支えるのはクレーン技術です。

メカニズムと舞台裏が大公開されます。

少年時代にガンダムに夢を描いたエンジニアたちの

情熱と技術で機動戦士ガンダムは動かすことができました。

ガンダム以前に大ヒットした、「宇宙戦艦ヤマト!」

エンジニアたちの情熱と技術で再現できたらと

つい思ってしまいます。

いかがだったでしょうか!

今日は、

「橋本周司!機動戦士ガンダムを動かせ!夢に挑んだエンジニア!」

と題し書いて見ました。

本日は誠にありがとうございました。