知らぜなる「箱」ビジネスの世界とは!超アップしたお店の箱!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、4/25(日)07:30〜08:00

がっちりマンデー!!★儲かる「箱」ビジネス!

の放送内容に基づき

「知らぜなる「箱」ビジネスの世界とは!超アップしたお店の箱!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

知らぜなる「箱」ビジネスの世界とは!超アップしたお店の箱!

レンゴー株式会社

ダンボールの製造販売日本一!

年間売上は6,000億円という箱業界の王様です。

なかでも一番の稼ぎ頭って?

SDPとRいう箱があります。

RSDPって?

(レンゴー・スマート・ディスプレイ・パッケージング)

の略です。

従来、段ボールケースは運ぶというのが主力でしたが、

開ける、並べる、売れるという機能をつけた

ダンボール箱なんです。

なんでもスーパーなどで売っている商品の箱が

ここ最近スゴい進化を遂げているんだとか!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

例えば従来の箱を開けるとき、

どれだけ時間がかかるか、測ってみると

これまでは横面の切込みに沿ってぐるりと一周はがします。

こういうの見たことありますよね!

切れ端のゴミを出しながら29秒かかって空きました。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

最新の箱を開けるのは箱開け素人です。

あらー、たった9秒でキレイに開いた!

スーパーとかお店ですと1日に何十個、

何百個とか開けます。

開封時間が半分から5分の1ぐらいになります。

その積み重ねが非常に大きな仕事の効率化に

つながるんですね!

しかも棚に並べたときの見た目も最新の箱の方が

GOODですよね!

オスタック

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

そして地味だけどスゴいこんな箱も。

オスタックという商品なんです。

コーナーを押すと凹む。ただそれだけ、

でもこの凹みのおかげで空けた箱に上に

重い商品の箱も積み重ねられる。

コーナーを押すとスタッキングしやすくなるから

「オスタック」。

ハイブリッド罫線

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

まだまだありますよ、地味スゴい箱!

ハイブリッド罫線というものを

使用した段ボール箱です。

ハイブリッド罫線、名前はちょっと凄そう!

中に物を詰める時に外折をします。

従来の箱はフタがすぐ戻ってしまって

なかなか入れにくい。

ハイブリッド罫線の場合は折った時に

開いたままで入れやすい。

確かにフタが戻らないほうがいい。

これも超地味だけどなかなかの進化!

この折り曲げるところにハイブリッドな

加工を施しているんですって!

ジェミニパッケージングシステム

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

このようにお店の人に喜ばれる箱を

次々と新開発しているレンゴー!

その進化はとどまることを知らず、

ついに箱ではなく箱を作る機械まで作っちゃった!

それが通販向けの自動箱作りマシーン

「ジェミニパッケージングシステム」です。

いろんな高さのものを自動的に計測して

高さの異なる箱を自動で作ります。

なんでもこのマシーン、中にモノを入れたら、

それに合わせて自動で箱を作るらしい。

じゃあ、見せてもらいましょう。

CDとDVD、大きさが微妙に違う商品を

コンテナに乗せて一緒に流すと

最初に薄いフィルムを被せて、

そのフィルムに熱を加えることで商品をピチって

定します。なるほど!

そしてここで商品の高さと幅を計測します。

1個ずつ測るのがミソで、このあと横に

折り目をつけて曲げた!

計測データに合わせてCDとDVDでは

ビミョーに折る所を変えています。

以前は40人以上の人手をかけて箱を組み立てながら

手作業で梱包作業をしていたのがジェミニシステムなら

7~8人でOKになったってことです。

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。