実現可能か?政府2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、政府は、地球温暖化対策の一環として、ガソリン車の新車販売を2030年代

半ばに禁止する方向で最終調整にはいりました。

実現可能か?政府2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ!そのメリットとデメ

リットとはについて調べてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

実現可能か?政府2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ!

政府は、地球温暖化対策の一環として、ガソリン車の新車販売を2030年代半ばに禁

止する方向で最終調整に入りました。

50年までに二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出を実質ゼロとする政府目標

の実現に向け、「ガソリン車販売ゼロ」に踏み込むみます。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

ガソリン車の販売を禁止する動きは世界で広がっているようですね!

英国は11月、ガソリン車の新車販売を禁止する時期を、35年から30年に前倒しする

と決定しました。

米カリフォルニア州も35年までに販売を禁止する方針を打ち出しています。

中国も自動車専門家団体が、35年までにEVなど「新エネルギー車」が新車販売に占

める割合を現在の5%弱から50%に高めて、ガソリン車の販売を終わらせる工程表

を発表しました。

 

これに対し、日本はどうでしよう!

これまで新車販売台数に占めるガソリン車の割合を、

30年に30~50%に引き下げる目標を打ち出していたが、販売禁止とする時期は示

ておらず、出遅れが指摘されていました。

日本の19年の新車販売台数(乗用車)は430万台。

このうち約6割(261万台)をガソリン車とディーゼル車が占めています。

残りのうち約3割がHVで、より温暖化対策効果の高いEVは約0・5%にとどまりま

政府はガソリン車の代替として、HVとEVの両輪で環境対応を強化していく方針で

が、はたして実現可能なのか?そのメリット、デメリットとは?

脱ガソリン!メリット・デメリット!どうぞご覧ください!

「HV」は「ハイブリッド自動車」のことです。

エンジンとモーター、2つの動力を搭載しているのが特徴で、

これらを効率的に使い分け、もしくは組み合わせることで低燃費を実現します。

HVの代表車種には

プリウス(トヨタ)、アクア(トヨタ)、セレナ(日産)、エクストレイル(日

産)、フリード(ホンダ)、フィット(ホンダ)、アクセラ(マツダ)などがあり

ます。

「EV」は「電気自動車のことです。

自宅や充電スタンドなどで車載バッテリーに充電を行い、モーターを動力として走

行します。

エンジンを使用しないので、走行中に二酸化炭素を排出せず、

環境性能においてはエコカーの中でもトップクラスといえるでしょう。

また、夜間電力などを上手に活用して充電することで、ガソリン車よりもランニン

グコストを低減できるケースもあります。

いいことずくめのEVですが、注意したいのがバッテリー切れ!

充電スタンドの整備が十分でない地域もあるので、

長距離ドライブや日常的に訪れない場所に出掛けるまえには、

バッテリー残量、充電スタンドの有無のチェックを怠らないようにしましょう。

また、エアコンなどでも電力は消費されるので、夏季や冬季にはバッテリー切れの

リスクが高まります。

EVの代表車種には
リーフ(日産)、i-MiEV(三菱)があります。

「PHV」プラグインハイブリッド自動車」のことです。

簡単に言うと、「外部電源からの充電が可能なHV」となります。

自宅などで自分の好きなときに充電できるようにしたものと考えればよいでしょ

う。

PHVの最も大きなメリットは、HVとEVのいいとこ取りができるという点です。

バッテリーに電力が残っているときは、モーターだけで駆動するEVとして走り、

バッテリーがなくなったらエンジン併用のHVとして走行できます。

日常的な近距離ドライブではモーター走行でコストを抑え、長距離ドライブ時にも

バッテリー切れの心配がないというわけですね!

PHVの代表車種には

プリウスPHV(トヨタ)、アウトランダーPHEV(三菱)があります。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

いかがだったでしょうか!

車両価格が高額な「エコカー」!その特徴はさまざま!特に充電機能を持ったEVや

PHVは移動可能な家庭用電源としての使い方もできます。それぞれのメリットやデ

メリットを比べながら、自分に合った次世代自動車を選んでみてくださいね!

今日は、誠にありがとうございました。