飯田将太!ラーメン連日大行列の秘密とは!経歴は?場所はどこ?

こんにちは! アツボ―です。

今日は、3/19金23:00〜23:30

アナザースカイⅡ

ラーメン職人の飯田将太が究極の食材を求め北海道から鹿児島まで

の放送内容に基づき

「飯田将太!ラーメン連日大行列の秘密とは!経歴は?場所はどこ?」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

飯田将太さんラーメン連日大行列の秘密とは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

飯田商店の出すメニューは、

醤油、塩、にぼしのラーメン(800~1400円)と、

つけ麺(1000円)です。

スープ、具材、自家製麺を

作り込むのはもちろんのこと、

ラーメンをつくる工程すべて

(タレ、麺、スープ、盛り付け)を飯田さんが

1人で行うというこだわりようです。

たとえば、醤油らぁ麺!スープは鶏と水のみです。

比内地鶏・名古屋コーチン・山水地鶏の丸鶏、

比内地鶏・名古屋コーチンの

ガラを使用しています。

自家製麺は国産小麦にこだわり、

はるゆたか・春よ恋・きたほなみ・

チクゴイズミ・さぬきの夢などを

ブレンド、内モンゴル産のかんすいと

沖縄の塩「ぬちまーす」で、

小麦の味を最大限に引き出しています。

醤油は6種類の生醤油を合わせます。

上には黄金の鶏油がかかる。

チャーシューはオーブンで焼いたモモと

低温調理のロースの2枚が乗ります。

器は有田焼なんです。

飯田さんは、しばらく食べ歩きを続けていました。

ある日、運命の一杯に出合います。

それは、神奈川・藤沢にある“ラーメンの鬼”

故・佐野実さんの営む

「支那そばや本店」のラーメンでした。

「麺にとにかく衝撃を受けました。

ラーメンといったらスープだと

ずっと思っていましたが、

麺がこんなに旨いものなんだということ

を知りましたね」

と飯田さんは語っています。

その後、「支那そばや」にとにかく通い、

その麺の構造や味を研究します。

飯田さんは佐野氏の弟子や「支那そばや」に

影響を受けたお店にも通うなど、

その後もラーメン食べ歩きを続けました。

同じく大きな転機となったのが、

神奈川・相模原の「69’N’ ROLL ONE」が出す、

鶏と水だけで作ったスープが自慢の

「2号ラーメン」との出合いでした。

休みの日にとにかく通い、

店主の嶋崎順一さんとも交流が生まれます。

飯田将太さん経歴は?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

名前 :飯田 将太(いいだ しょうた)

生年月日: 1977年

出身地 :神奈川県真鶴町

血液型 :A型

出身高校: 相洋高等学校

職業: らぁ麺屋 飯田商店 店主(代表取締役)

水産加工食品卸を営む実家で生まれた飯田将太さんは、

14歳の頃に父親を亡くし、

大学卒業後は東京にある日本料理店などで

修行をしていました。

25歳の時に多額の負債があることを告げられて

借金返済のために

叔父が経営しているラーメンチェーン店

「ガキ大将ラーメン」の

湯河原店の店長としてほぼ不眠不休で

約8年間働き続けたそうです。

「ガキ大将ラーメン」の湯河原店の店長として

働いていた時に今までラーメンはスープで

麺が美味しいと思ったことがなかった飯田将太さんは、

ラーメンの鬼の異名で知られたラーメン店

「支那そばや」創業者で一大ブームを巻き起こした

故・佐野実さんのラーメンの味に衝撃を受けました。

飯田将太さんお店の場所はどこ?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

●ジャンル:ラーメン、つけ麺、テイクアウト、塩ラーメン、丼もの

●予算:昼~1,000円 夜~1,000円

●住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14

●アクセス:JR東海道本線(東京~熱海)/湯河原駅 徒歩11分 (818m)

●電話番号:0465-62-4147

●営業時間:月,木~日 11:00~15:00

●定休日:毎週火曜日、毎週水曜日

駐車場:

 店舗正面に5台、店舗斜向かいに10台(うち1台は軽自動車用)

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。