池袋暴走事故、元院長が無罪主張!なぜ捕まらない!遺族の気持ちは!

こんにちは! アツボ―です。

去年4月、東京・池袋で乗用車が暴走し親子を含む11人が死傷した事故

の初公判が開かれ、過失運転致死傷の罪に問われた89歳の被告は、無罪

を主張しました。この被告がなぜ捕まらないのか!遺族の気持ちはどうな

のか!が気になって調べてみました。皆さんと共に裁判の行方を見つめた

いですね!

スポンサーリンク

池袋暴走事故元院長が無罪主張!

8日の初公判で飯塚被告は起訴内容について、「アクセルペダルとブレ

ーキペダルを踏み違えたことはないと記憶している」と述べ、弁護側は

車に何らかの異常が生じ、暴走した疑いがある」と無罪を主張しまし

た。一方、検察側は、飯塚被告の車に記録されたデータから、「アクセル

とブレーキに故障の記録はなく、アクセルを踏み続けたことも記録されて

いる」と指摘し、この裁判では「過失の有無」が争点となっています。

池袋高齢ドライバー事故 87歳運転手に何が!!

出典元:YouTube 

池袋暴走事故なぜ捕まらない!

事故は東京都豊島区東池袋の路上で2019年4月19日に発生した事故

報道によると、運転手の飯塚氏は「大けがをして入院」(NHK)したた

め、警視庁は回復を待ち、自動運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で任意

で事情を聞く。つまり現行犯では逮捕されませんでした。

一方、21日には神戸市営バスが横断歩道上の歩行者を次々とはね、2人が

死亡、6人が重軽傷を負ったが、池袋の事故と異なるのは運転手の大野容

疑者が「現行犯逮捕」されたことです。

容疑は同じ自動車運転処罰法違反(過失致死)。立て続けに起きた2つの

事故はツイッター上で、「神戸市バスの事故と状況はあまり変わらないよ

うに思うけど、なんで逮捕されなかったの? なんか不自然だ」「同じよ

うな事故なのに何故対応が違うのか?」と逮捕の判断をめぐって疑問があ

がった。池袋の事故の運転手がけがで入院しているという事情を踏まえて

も「納得いかない」とする声があがっています。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

池袋暴走事故遺族の気持ちは!

真菜さんの夫の松永拓也さん(34)と真菜さんの父の上原義教さんは、

被害者参加制度を使って裁判に参加し、車いすに座る飯塚被告を時折、

厳しい視線で見つめた。松永さんは冒頭陳述後の証拠調べで、検察官が自

らの供述調書が読み上げる中で、真菜さんと莉子ちゃんが亡くなった当時

のことを語った部分に至ると、涙を流した。松永さんはスーツの内ポケッ

トから出したハンカチで目頭を何度も拭った後、悔しさと無念さをぶつけ

るかのようにハンカチを両手で握り締めていました。

上原さんは、真菜さんの遺体に向かって「父さん、何もしてあげられなく

てごめんね」と語ったくだりが読み上げられると、おえつを漏らした。何

度、手で拭っても、涙は止まりませんでした。

池袋の事故で亡くなった松永莉子ちゃんの映像を遺族が提供

出典元:YouTube 

いかがだったでしょうか!

加害者も被害者も今後の人生が変わってしまいました。悲惨な交通事故

我々も注意が必要ですね!