人生最高レストラン!三浦春馬! 小栗旬! かまいたち!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、人生最高レストラン
2021年1月16日(土)

23時30分~24時00分 の放送内容に

基づいて

「人生最高レストラン!三浦春馬! 小栗旬! かまいたち!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

人生最高レストラン!三浦春馬さん!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

三浦春馬さん、30歳を目前にしたリアルな

恋の悩みを赤裸々告白!

俳優の三浦春馬さんが、

9月21日放送のTBS

『人生最高レストラン』にゲスト出演しました。

この番組は、人生で最高に美味しかったものの

お話をいただくグルメトークバラエティです。

「実は、食も恋愛も“肉食系”」だという三浦さん!

番組では、食べ歩きをするほど大好物の

トンカツ愛が暴走して、

トンカツデートの妄想が炸裂しました。

また、「昔の秘密の恋バナ」

「男女関係における〇〇の相性」や、

30歳を目前にしたリアルな恋の悩みを

赤裸々告白します。

イケメン俳優のイメージが完全崩壊しそうな

“本音トーク”の数々に、番組常連客のYOUは思わず

「ご飯の話なんかどうでもいい」と発言してしまいます。

そんな三浦春馬の知られざる素顔が次々と飛び出す

『人生最高レストラン』は、

TBS系にて9月21日23時30分に放送されました。

見逃した方はもう一度再放送があるといいですね!

人生最高レストラン!小栗旬さん!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

10月24日午後11時半に放送された

グルメトークバラエティー番組「人生最高レストラン」

(TBS)にゲスト出演した俳優の小栗旬さん

「何を食べても味がしない。吐きながら舞台に立っていた」

という俳優人生最大の試練を明かし、

その時味わった“人生最高の一品”を語りました。

小栗旬さんの人生最高の一品は、

演出家・蜷川幸雄の舞台「カリギュラ」に

出演した時に食べたカップうどんです。

小栗旬さんに蜷川幸雄さんが、

演技指導している映像を紹介!

小栗旬さんはカリギュラを演じているうちに、

何を食べてもおいしいと感じることが

できなくなってしまったが、

カップうどんを食べたときは

美味しいと感じたそうです。

小栗旬さんが、蜷川幸雄さんの

心に残る言葉を語っています。

芸能界入りのキッカケ !

小栗旬さんは内田有紀さんに会いたくて、

11歳の時に児童劇団に入団し、

芸能界入りしました。

小栗旬さんは高校を中退し、

父親から学生じゃないなら家を出ていけと言われ、

一人暮らしをすることになったそうです。

小栗旬さんの貧乏な一人暮らし時代の主食は、

もやしパスタだったそうです。

大ヒットドラマ「花より男子」

秘話/憧れの内田有紀さんと夢の共演が実現!

小栗旬さんは、ドラマ「花より男子」

に出演しブレイクしました。

小栗旬さんは、

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」で

憧れの内田有紀さんと初共演しています。

人生最高レストラン!かまいたちさん!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

「食通・濱家を虜にした“スパイスカレー”」

グルメな濱家さんが一番ハマっている料理が、

スパイスカレー。

自宅でスパイスカレーを手作りし、

大阪時代の住まいは1年中カレーの匂いが

充満していたそうです。

さらに、スパイスカレー店を巡ったり、

スパイスカレー店の人たちが集う飲み会に

参加するほどで、

ハンパない熱の入れようです。

そんな濱家さんがスパイスカレーに出会ったお店!

“No.1のスパイスカレー”と大絶賛するのが、

大阪・南久宝寺町にある「創作カレー ツキノワ」

雑居ビルの2階にある、カウンターだけのお店です。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

濱家さんを虜にした「創作カレー ツキノワ」の

スパイスカレーは、

スパイス(クミン)に漬け込んだ後さらに

煮込んだ具材に、昆布・鰹・いりこがベースの和風出汁スープ、

15種類のスパイス、隠し味の麹味噌を加えた一皿

濱家さんがいつも注文するのは、

キーマカレーをトッピングで追加した

「チキンカレー ミニキーマトッピング」

スパイスと和風出汁のマッチングが最高で、

初めて食べた時にはあまりの美味しさに衝撃を受け、

その後1週間毎日食べに行ったといいます。

いかがだったでしょうか!

人生最高レストラン、皆さんの語る

お料理は、やっぱ最高ですね!

今日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

皆様のお役に立てれば幸いです。