大前光市、カカシのダンサー!事故原因は?結婚について?【逆転人生】

こんにちは! アツボ―です。

今日は、逆転人生「どん底から世界へ 不屈のアーティストたち」

2020年11月6日(金) 24時15分~25時00分 の放送内容、大前光市、カカシのダンサ

ー!事故原因は?結婚について?について調べました。どうぞご覧ください!

スポンサーリンク

大前光市さんカカシのダンサー!

左足に装着した特製の義足を駆使し、滑らかな踊りを披露しました。

リオデジャネイロ・パラリンピック閉会式に出演した大前光市さんは、

誇りを込めて自らを「かかしのダンサー」と呼んでします。

「僕はチャレンジャー。人間の持っている可能性を表現したい」とセレモニーに臨みまし

た。高校時代、優雅な世界に魅せられバレエを始めました。

進学先でもバレエを専攻し、卒業後はプロを目指して練習に励みました。

国内有数の劇団を目標に据え、最終選考を間近に控えた2003年。

レッスンの帰りに車にはねられ、左足首に大けがを負った。激しい痛みに苦しみ「切断し

た方がいい」という医師の言葉に同意、膝から下を失しないました。

退院後、義足を着けてレッスンを再開したが体をうまく操れず、劇団の選考を受けて落ち

続けました。

3度目に伝えられた言葉は「君はダンサーとして使えない」でした。

試行錯誤して作った義足は50本以上。ふくらはぎまでの長さ、膝下までの長さの義足を

使い分ける。「できないという思い込みこそが障害。別の方法ならできることもあるは

ず」と力を込める。

大前光市さん事故原因は?

17歳からダンスを始めた大前さん。プロを目指し、レッスン漬けの日々を送っていまし

た。

そして24歳のとき、劇場専属のプロダンサーのオーディションを2日後に控えた、雨の

夜、歩いていた大前さんは、暴走した車にはねられ、左足のひざから下を失いました。

それでも、アルバイトを転々として食いつなぎながら、プロのダンサーになるために、も

がき続けました。

事故から15年あまり。

【大前さん】「これはきょうの演出のひとつで。光るんです。世界観を見せるために」

大前さんはいま、プロとして、義足を生かした踊りを様々なステージで披露しています。

2016年にはリオデジャネイロパラリンピックの閉会式で踊るなど、国際的な舞台にも活

動の場を広げています。

大前光市さん結婚について?

大前光市さんは結婚していらっしゃるのでしょうか?

調査したところ、どうやら大前光市さんは独身のようです。

彼女さんについても調べてみましたが、プライベートな情報は一切、見つかりませんでし

た。とても素敵な方なので、素敵なパートナーさんが必ず現れることでしょうね!

いかがだったでしょうか!

今日は、大前光市さんカカシのダンサー!について調べました。

参考になれば幸いです。