角野栄子の魔法のワンピースとは!魔女の宅急アニメ!夫や子供は?

こんにちは! アツボ―です。

今日は、カラフルな魔女の物語~角野栄子85歳の鎌倉暮らし

「魔法のワンピース」2020年12月22日(火) 22時50分~23時15分

の放送内容に基づき

「角野栄子の魔法のワンピースとは!魔女の宅急アニメ!夫や子供は?」

と題して書いて見ました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

角野栄子さんの魔法のワンピースとは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

「魔女の宅急便」で知られる作家・角野栄子さん85歳!

日々の暮らしを生き生きと心地よく変える魔法とは?

とびきりおしゃれな着こなしの裏には、驚きの工夫と秘密がありました。

いつもカラフルなおしゃれが評判の角野栄子さん!

実は着こなしのベースになるワンピースは全て同じ形なんです。

長年の試行錯誤の末、着やすく疲れず、

老いたからこそ似合う色や形にたどり着きました。

国際アンデルセン賞授賞式という晴れ舞台に選んだのも、

なんと1万円ほどのジャージのワンピースなんだそうです。

暮らしも物語も、「自分にとって心地いいもの」

独自のセンスで選んできた角野さん!

着ることを通して人生を楽しむための「魔法」をひもときます。

角野さんのワンピースは、すべて同じ形!

好きな生地を選んで、お友達が仕立てられるそうです。

年齢を重ねるうちに何を着たら良いか分からなくなって、

白・グレー・紺・ベージュを選ぶようになったけど、

色から元気をもらうこともあるなぁって思ったそうです。

自分に合う型紙が決まれば、お洋服を作ると絶対似合うし、

流行とか、ブランドとか、考えなくていいから、

純粋にファッションを楽しめます。

これこそが、おしゃれ、なんでしょうね!

角野栄子さんの魔女の宅急アニメ!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

世代を超えて日本の読者を楽しませてきた角野栄子さん!

「魔女の宅急便」が、児童文学における最高峰の名誉に輝きました。

代表作「魔女の宅急便」は、角野さんの娘が描いた

魔女の周りを音符が飛び回っている絵から

着想を得たといいます。

角野さんは受賞後の記者会見で、「主人公を当時の娘と同じ

12、13歳に設定しました」と語っています。

子供と大人の間の年齢で、揺れ動きを抱えている子が

たった一つ持つ魔法で空を飛んでいくのが『魔女の宅急便』です。

角野さんは、自分の作家としての出発は遅かったと語ります。

最初の本は彼女が35歳の時に出版されました。

「魔女の宅急便」シリーズの第1作は1985年に発表されました。

ほうきに乗る魔女キキの成長を描く物語です。

第1作では、13歳のキキが独り立ちのためにとある町を訪れ、

相棒の黒猫ジジと喜び悲しみを共にしながら、

町の人たちに受け入れられるようになるまでの1年が描かれています。

また、スタジオ・ジブリによってアニメ化され、

宮崎駿監督の代表作のひとつとなりましたね!

角野栄子さんの夫や子供は?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

角野さんはご結婚されていて、ご主人と娘さんがおります。

ご主人はデザイナーとのことです。

旦那さまの職業もまた、そのころの日本としては少数派だったかもしれず

現在のおしゃれな角野さんは、そんな旦那さまの影響も大いにあるのかな?

日本政府が奨励していたとはいえ、

異国であるブラジルに渡ることを決断できるというのは、

夫婦ともに挑戦してみたい好奇心をお持ちだったのではとおもいます。

とても感覚が似ていた、お二人だったのかもしれませんね!

娘さんのお名前は「リオ」さん。

『魔女の宅急便』が出版されたのは、角野さん50歳のときです。

その7年前に娘のリオさん(12歳)が描いた絵が、

『魔女の宅急便』の誕生のルーツとなったそうです。

もともと絵やイラストを描くのが好きなお子様でした。

12歳のころ、ふと机の上を見たら魔女の絵がポンと置いてありました。

それが、『魔女の宅急便』の誕生になったのですね!

いかがだったでしょうか!

今日は、

「角野栄子の魔法のワンピースとは!魔女の宅急アニメ!夫や子供は?」

と題して書いて見ました。

本日は誠にありがとうございました。