貨物時刻表なぜ売れる?どんな人が使うの?玉ねぎ列車 2020!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、所さん!大変ですよ

「なぜか大人気!? 貨物列車の時刻表」

2021年1月20日(水)

23時45分~24時12分 の放送内容に基づき

「貨物時刻表なぜ売れる?どんな人が使うの?玉ねぎ列車 2020!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

貨物時刻表なぜ売れる?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

「貨物時刻表」を一般売りしているのはなぜ?

ダイヤを調べても乗ることができないのに、

毎年2万部も発行される全国の

貨物列車の運行を掲載した時刻表

直販と一部大型書店のみで販売されている

『貨物時刻表』は、

発売直後から話題を集め、人気が殺到しています。

貨物列車は、一般の列車と違って行き先の表示がなく、

何を積んでいるかもわかりません。

いつ、どこを、どんなふうに走っているのか…? 

『貨物時刻表』の人気が示すとおり、

謎に包まれた貨物列車を鑑賞したり

撮影したりして楽しむ

「撮り鉄」ファンが増えています。

本書は、ミステリアスな貨物列車に

詳しくなって楽しむための入門書です。

重厚な機関車は、どんな仕組みになっている?

長大に連なった貨車は、

どんなつくりで何を積んでいる?

といった、素朴な疑問にすべて答えます。

また、貨物の車両は、

旅客列車に負けず劣らず多彩です。

かつてブルートレインを牽引した

EF65やEF66、DD51など国鉄型の

機関車もまだまだ現役で活躍する一方、

高速、ハイパワーの機関車や、

環境にやさしいハイブリッド機関車、

新型の貨物電車が登場するなど、

興味を引かれる車両がいっぱいなんです。

近年は、環境への負荷の低さが見直されて、

新たな発展を続け、東日本大震災の

興でも活躍して注目を集めました。

さらに、東京スカイツリーと貨物鉄道の関係や、

海外の貨物列車事情、かつて貨物列車で運んでいた

意外なあんなもの・こんなものなど、

トリビアもたっぷり掲載されています。

ミステリアスでありながら、

実は私たちの生活を支えてくれている

貨物列車の魅力を新たに再発見です。

楽しみの内容なんですね!

貨物の車両は、

旅客列車に負けず劣らず多彩です。

撮り鉄ファンが時刻表を求めるのも納得ですね!

貨物時刻表どんな人が使うの?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

『貨物時刻表』にはおもに、JRや第三セクター、

私鉄を含めた全国の貨物列車の

ダイヤが掲載されていますが、

そこには始発駅、終着駅、停車駅などのほか、

たとえば「コンテナ」「石油」「空返(空になった

貨車を所定の貨物駅まで送り返すこと)」

といったように、ひとつひとつの列車が

運ぶものの内容まで明記されています。

また、業界の動きや貨物輸送の仕組みを紹介するページ、

車両紹介、読者投稿による貨物列車の

フォトギャラリーなどのコーナー、

さらには別刷りの「貨物列車運行図表(ダイヤグラム)」

「貨物列車卓上カレンダー」といった付録もついています。

『貨物時刻表』は現在、毎年3月の

JR貨物ダイヤ改正に合わせて発行されています。

2016年1月時点で、全国42の書店などで取り扱われています。

鉄道貨物協会によると、取り扱い書店の数は

大きく変わってはいないものの、

発行部数は年々増えているといい、

2017年版は2万2000部だといいます。

部数が増えていることについて、

「鉄道貨物輸送の認知が広まったこと、

そして鉄道ファンの裾野が広がったことではないでしょうか」

と話します。

貨物時刻表玉ねぎ列車 2020!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

北海道産タマネギの一大産地である北見エリアからは、

夏の終わりの収穫シーズンから翌年の雪解け時期まで、

たくさんのタマネギを乗せた臨時列車が走ります。

石北臨貨、あるいは分かりやすくタマネギ列車とも

呼ばれるその列車は、峠越えや途中の遠軽駅で

スイッチバックするため、両端にディーゼル機関車を

繋げたプッシュプル運転を行っています。

貨物列車ファンにも人気で、

丸瀬布や留辺蘂近くのカーブでの撮影は

絶好の撮影ポイントです。

そこで採用しているのが「プッシュプル方式」

呼ばれる特別な車両編成です。

機関車を貨物の「前」だけでなく、

「後ろ」にも配置。

重い貨車を前からプル(引っ張る)と同時に

後ろからプッシュ(押す)して走りま

す。

全国で2か所だけでしか使われていない

珍しい方式です。

いかがだったでしょうか!

今日は最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

皆様のお役に立てれば幸いです。