関越道!大雪車立ち往生!「生きるか死ぬかの思い」積雪増える!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、急激に降り積もった雪にスポットを当て

「関越道!大雪車立ち往生!「生きるか死ぬかの思い」積雪増える!」

と題し調べてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

関越道!大雪車立ち往生!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

関越道では16日午後から断続的に各地で車の立ち往生が起きています。

上り線では17日午前8時時点で、塩沢石打IC―六日町IC(いずれも南魚沼市)

で約15キロの渋滞が発生してます。

下り線でも月夜野IC(群馬県みなかみ町)―湯沢IC(新潟県湯沢町)で17日午前5

時40分ごろ、事故により車2台が3車線をふさぎ、通行止めになっています。

さらに上信越道でも、上越高田IC(新潟県上越市)―妙高高原IC(新潟県妙高市)

区間が17日未明から通行止めになっています。

同区間の上り線では車約100台が動けなくなっている状態です。

県警高速隊は「あちこちで立ち往生が起きており、全容が把握し切れていない」

としています。

NEXCO東日本は、関越道で立ち往生している車の運転手らに向けて食料などを提供

しています。

16日深夜から、各ICの管理事務所員が軽食や携帯トイレを手渡したといいます。

同社は、群馬県の谷川岳パーキングエリア(下り)と新潟県の塩沢石打サービスエ

リア(上り・下り)で、おにぎりやパン、飲み物を提供する準備を進めています。

今回は、一挙に降り積もった雪に除雪等の作業が追い付いていないようですね!

関越道!「生きるか死ぬかの思い」

強い寒気の影響で、日本海側を中心に16日から17日朝にかけて大雪となりました。

東京と新潟を結ぶ関越自動車道では、雪で動けなくなる車両が相次いでいます。

16日夕から立ち往生しているという車のドライバーは「恐怖を感じた」と言いま

す。

新潟県から神奈川県の自宅に戻る途中だった会社員のwさん(46)は、

関越道の塩沢石打インターチェンジ(IC、新潟県南魚沼市)の

約2キロ手前で、17時間以上にわたって車内に閉じ込められています。

「まさかここまで一気に積もるとは、生きるか死ぬかの思いです」

と語っています。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

車はまったく前に進まない!

車の排気筒が雪で埋もれないように定期的に除雪をしているため、

一睡もできておらず「疲れ果てた」と言います。

燃料は十分積んであるが、周囲では燃料を節約するためか

エンジンを切って暖房を使っていない車もあるようです。

wさんは「昨晩から食事をとっておらず、水も足りなくなってきた」

と言います。

「これからどうなるかといった情報がなくて、疲れ果てています。

早く布団で横になりたい」

とはいえ車が動くメドは立たず、17日中の帰宅は半ばあきらめている様子でした。

想定外の大雪とは言えど、冬の備えとして燃料は常に満タン!

非常用の食料と水、毛布位は常に常備して置きたいものですね!

津南町の積雪どの位?こちらもご覧ください!

関越道!積雪増える!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

冬型の気圧配置は17日午後にいったん緩むものの、

18日にかけて、北日本から西日本の日本海側の広い範囲で大雪と

なる恐れがあります。

気象庁は、大雪による積雪や路面凍結、雪崩の警戒を呼びかけています。

雪寄せしてる人たちはフードかぶってるし、

集中しすぎて周りの音も聞こえない。

この時はやたらと殺気立ってる。

運転してても怖いと思う。

みんな気をつけよう。

との声もあります。

今日いっぱいは大雪に警戒が必要になります。

群馬県みなかみ町・藤原はわずか2日で約2mの雪が降り、

10時現在の積雪は全国で最も多い203cmに達しています。

そのほか、新潟県津南町は173cm、山形県大蔵村・肘折は124cm、

岩手県西和賀町・湯田は114cmと、

12月中旬としては極めて多い積雪です。

正午からの24時間で予想される新たな積雪は、北陸から東北にかけての山沿いで

20cm以上、局地的には50cmを超える見込みです。

急激な積雪の増加で道路の立ち往生が発生しており、冬用タイヤを装着していて

も、車での移動はリスクを伴います。

いかがだったでしょうか!

今日は、「関越道!大雪車立ち往生!「生きるか死ぬかの思い」積雪増える!」

と題して書いて見ました。

皆様のお役に立てれば幸いです。

本日は誠にありがとうございました。