からあげはダイエット食?ヘルシーで低カロリーの秘密を探る!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、6/16水23:59〜00:54

それって⁉実際どうなの課【からあげはどれだけ食べても太らない?】【圧接工】

の放送内容に基づき

「からあげはダイエット食?ヘルシーで低カロリーの秘密を探る!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

からあげはダイエット食?ヘルシーで低カロリーの秘密を探る!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

からあげのカロリーはどのくらい?

からあげ1個につき家庭で揚げたからあげは、

およそ71kcalといわれています。

およそ3個が100gになるので、

その基準で考えると、

からあげのカロリーはおよそ237kcalになります。

しかし、実は家庭で揚げるからあげとは別に、

外食で食べるからあげはカロリーがまったく

違うということはご存じでしょうか!

例えば、ローソンで買うことができる

「からあげクン」のレギュラーはおよそ216kcalで、

セブンイレブンで買うことができる「からあげ棒」は

およそ151kcalです。

もちろん量や大きさも違うのでカロリーは変わってきますが、

一度購入したらすぐに食べ切るものなので、

おおよそのカロリーはしっかり確認しておきたいものです。

からあげは想像以上にヘルシー?

鶏自体が低カロリーだから、揚げても低カロリーだろう」

と考えている方は少なくありません。

しかし、実際にカロリーを計算してみると3個でおよそ

237kcalと少し高めの印象を受けます。

ロースカツは100gで約300kcalと高めですが、

ヒレカツになると100gで約200kcalと、

ヒレカツのほうがカロリーは少ないのです。

数値だけで比べてしまうと、からあげが

高カロリーにも見えますが、

ダイエットを考えるとそれでも太りにくいのは

「からあげ」なのです。

これにはしっかりと理由があります。

揚げ物の場合は油を吸収する

「吸油率」が高ければ高いほど太りやすくなります。

つまり、パン粉を付けたトンカツの吸油率は10~20%とされる中、

からあげは6~8%と10%を切っています。

鶏のからあげに含まれている

カロリーのほとんどは鶏自体の脂によるカロリーなので

太りにくく、結果としてヘルシーなのです。

糖質オフダイエットにからあげは有効?

結論からいうと、糖質オフダイエットでからあげは有効です。

糖質オフダイエットで食べるものは、

基本的に自分で作らなければならないものや、

市販の購入が難しいといったデメリットがあります。

しかしその点を考えても、今やからあげはどの

コンビニでも購入可能で、外食先ではからあげを

メニューに加えているお店が多く、

自宅で作る場合でも、衣を鶏肉にまぶして

揚げるだけと非常に簡単で、

冷凍食品でもからあげが販売されており、

レンジで温めるだけで食べられます。

時間を無駄にしないといった点でも、

からあげでの糖質オフダイエットは有効な選

択肢です。

からあげについている「小麦粉」が糖質になるといった

デメリットはありますが、

この小麦粉のおかげで通常の食事と変わらないほど

食に対する満足感や満腹感を得られます。

糖質ダイエットでは、「食べた気がしない」といった満足感の低下や、

そのストレスによる肌荒れ、つい間食をしてしまう、

といった懸念がありますが、

からあげでの糖質オフダイエットではその感覚が

現れにくいといった特徴があります。

からあげは低糖質なもので糖質7g程度です。

さらにこの低糖質からあげは冷凍食品でも商品化されているので、

しっかりダイエットしたい人にとっては、とてもうれしい食品です。

からあげをさっぱり食べるアレンジレシピ

ダイエットをしていても、からあげを食べ続けているだけだと

飽きがくる可能性は当然あります。

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。