川田智也!茶禅華と和魂漢才!場所はどこ?おうちレシピとは!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、プロフェッショナル 仕事の流儀プロフェッショナル「心震わす、一皿のために

~中国料理人・川田智也~」2020年11月24日(火) 22時30分~23時15分 の放送内容

に基づき「川田智也!茶禅華と和魂漢才!場所はどこ?おうちレシピとは!」と題し書い

てみました。どうぞご覧ください!

スポンサーリンク

川田智也さん茶禅華と和魂漢才!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

1982年生まれ、栃木県出身,物心ついた頃には担々麺、麻婆豆腐、棒棒鶏などの四川料理

が好きで、幼稚園の卒園アルバムには既に「料理人になる」と書いていました。

喧騒を離れた南麻布の一角にひっそりと佇む一軒家!

ここ【茶禅華】は、感度の高い食通が集う中国料理店です。

料理長は西麻布の【麻布長江】や日本料理の名店【龍吟】で研鑽を積んだ川田智也さん。

日本の食材の豊かさを中国の技法で表現する“和魂漢才”の精神に基づき、中国料理を更に

進化させています。

料理はもちろん、コースにお茶を合わせて楽しむ『ティーペアリング』も魅力で、これを

目当てに来店する客も多いのだそうです。

和と漢の絶妙なバランス感覚で作られる、シンプルで滋味深い料理や香辛料を効かせた力

強い料理と、中国茶の競演はここならではの楽しみ方です。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

南麻布の閑静な住宅街にひっそりと店を構える中国料理店「茶禅華」!

日本料理にも精通した川田さんが「和魂漢才」をコンセプトに創る一皿は、

丁寧な仕込みから緻密な味付けまで、素材を最大限に生かす調理法を徹底します。

和の心で昇華させた逸品は革新的でありながら滋味深く、中国料理の新たな一面を垣間見

せてくれます。

和魂洋才を胸に、 日本で中国料理を昇華させる「和魂漢才」という言葉・概念に行き着

いたのは、「龍吟」の台湾支店「祥雲龍吟」の出店に携わった頃です。

修業時代を通して、日本人が中国料理に携わる意味を探していたのですが、

この言葉に出会って川田さんが歩むべき道が明確になりました。

日本と中国の文化交流は、1000年以上前から連綿と続いてきました。

中国から伝わって、日本で洗練・昇華され進化を遂げたものは沢山あります。

例えば、平仮名や片仮名の一文字一文字は、交流の歴史の結晶と言えるでしょう。

今でも日本人の日常に息づいています。

川田さんは、中国料理という分野において、日本人としての心や日本ならではの技術を活

かして、「和魂漢才」を実現していきたいと考えているのです。中国料理を日本人が昇華

させていく余地は、まだまだ残されているはずですから!

和魂漢才」を実現するという想いは、店名である「茶禅華」の由来にもなりました。

」も「」も中国から伝来し、日本で発展を遂げた文化です。

同じように川田さんも、先人の思いを受け継ぎ、中国料理を和の心を持って極めていきた

いのです。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

川田智也さん場所はどこ?

「茶禅華」

TEL:予約番号:050-5263-9825

お問い合わせ番号:050-3188-8819

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますの

で、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。とのことです。

住所 :東京都港区南麻布4-7-5 地図を見る

営業

時間:【火~土】

ディナー 17:00~23:00 (L.O.21:00)

定休日 :月・日曜日を中心に不定休

川田智也さんおうちレシピとは!

川田智也さんのおうちレシピ ―

茶禅華 川田智也シェフの“精進鰻重”しいたけを鰻に見立てた、見た目も食感も鰻重そっ

くりなおいしいレシピです。

いかがだったでしょうか!

今日は、「川田智也!茶禅華と和魂漢才!場所はどこ?おうちレシピとは!」と題し調べ

てみました。皆様のお役に立てば幸いです。

ありがとうございました。