京都の異界!鬼門封じとは!陰陽道!疫病封じのチエとは!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、2/23火21:30〜22:15

“いけず”な京都旅 異界がいっぱい 濃縮版

「ヒミツの扉が京都のあちこちに…」の

放送内容に基づき

「京都の異界!鬼門封じとは!陰陽道!疫病封じのチエとは!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

京都の異界!鬼門封じとは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

鬼門封じ、京都御所の「猿ヶ辻」

京都御所の築地塀は北東の角部分だけ、

凹んでいます。

昔から北東は「鬼門」といい、

鬼が出入りする方角とされ、

縁起が悪い、不吉だと忌まれてきました。

だが、どの建物にも場所にも、北東はある。

鬼門を防ぐにはどうすればいいのだろう?

「鬼門が良くないのであれば、

それ自体を取り去ってしまえばい

い!」というのが、都人の知恵でありました。

建物の北東の角を凹ませて、鬼門をつくらないこと!

つまり、角=ツノ=鬼いうわけで、

ツノをとって鬼を封じる術をあみだしました。

その代表が、御所の築地塀の北東角の凹みです

この凹みの部分は、「猿ヶ辻」と呼ばれてきました。

この場所を見上げると、烏帽子をかぶり、

御幣を持った木彫りの猿が祀られて

います。

鬼門を封じて結界をはる役割を与えられた

猿なのだが、この猿、夜な夜な抜け出しては

あちこちでイタズラをしたため、やむなく金網

を張って逃げ出さないように閉じ込められてしまいました。

どうして猿が鬼門を護っているのか? 

については、日吉大社の神の使いが

「神猿(まさる)」で、まさる=魔が去るに通じ、

縁起が良いからだと聞きます。

京都の異界!陰陽道!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

病気や天災の全ては悪霊が支配していると

信じられていた平安時代!

そして占術や呪術などで都の平和を保ったという陰陽師!

その中でも最強と言われた人物が安倍晴明です。

内裏の鬼門に住み、陰陽道で星の動きを読みながら、

式神と呼ばれる鬼を駆使して京を守ったとも言われます。

謎に包まれた晴明の生涯は、

平成に入ると夢枕獏の小説をはじめ、

映画や漫画でもヒットが相次ぎ、

現代人をも魅了し続けています。

そんな晴明と陰陽道にまつわる京都のスポット!

「晴明神社」

京都市上京区にある晴明神社は、

その名の通り安倍晴明を祀った神社です。

晴明の没後、一条天皇が陰陽道で都を

守ったその功績を称え、1007年に

晴明の屋敷跡に創建しました。

境内には社紋である五芒星が掲げられた

「一の鳥居」をはじめ、式神の石像、

晴明が念力により湧出させたという井戸「晴明井」

魔除けの果物とされる桃をかたどった「厄除桃」

朝廷からの使いが訪れるとひとりでに

開いたという「四神門」など、

晴明と陰陽道ゆかりの品々が数多く残されています。

毎年9月に行われる「晴明祭」の他に様々な

イベントも開催されており、

晴明ファンが全国から訪れる

人気スポットとなっています。

京都の異界!疫病封じのチエとは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

パワースポットの多い京都のあちこちで

疫病除けや厄除けのお札やお守りが見られます。

その一部をご紹介します。

960年浄蔵貴所により創建された『八坂庚申堂』

日本最古の庚申信仰の発祥の地とされ、

小さな境内に「見ざる・言わざる・聞かざる」

三猿像があちこちに見られます。

欲に走らないように手足が縛られた猿を吊るす

「くくり猿」という名のカラフルな

布地の猿が願を叶えてくれ、

「パワースポット」としても有名です。

本尊の青面金剛は、飛鳥時代に渡来系秦氏の

族長・秦河勝が帰化した際に持参した仏像で、

秦氏の守り本尊として祀られたものです。

「八坂の庚申さん」と言われ日本三庚申の一つです。

表情が豊かなお猿さんを見てはパワースポットの

霊力を感じられます。

病気平癒の「こんにゃく封じ」や下の世話をさせない

「タレコ封じ」の祈祷でも知られます。

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。