鉱物の世界!鉱物ってなに?神秘的で奥深い!和歌山 宝石探し!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、所さん!大変ですよ

「ブーム到来!?不思議な鉱物の世界」

2021年1月28日(木) 19時30分~19時57分 の放送内容

に基づいて

「鉱物の世界!鉱物ってなに?神秘的で奥深い!和歌山 宝石探し!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

鉱物の世界!鉱物ってなに?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

鉱物とは、

天然(自然界)に産出し、

ある一定の化学組成を持つ、 固体の物質

のことを指します。

鉱物のうち、光沢があって美しく、

希少価値の高いものが

「宝石」と呼ばれています

そして鉱物と自然界の他の物質

(生物の遺骸など)の

集合体を「岩石」と呼びます。

また、人間が生活を営む上で役に立つ資源となる鉱物は、

さまざまな他の鉱物と混ざった岩石として掘り出されます。

これらを「鉱石」と呼びます。

鉱物は何種類くらいあるのでしょうか?

国際鉱物学連合で承認されているもので、

世界には5,000種を超える鉱物があり、

実はほとんどがあまり知られていません。

また、新鉱物が発見されることもあるため、

今後も鉱物の種類が増えていくことが考えられます。

ヒトと関わりの深い鉱物とは!

ダイヤモンド

みなさんご存知の宝石・ダイヤモンド。

実は鉛筆の芯と同じ炭素原子からできています。

元々は同じ炭素でも原子の並び方が異なるため、

違う鉱物になるのです。

岩 塩

ヨーロッパ各国やアメリカなどで採れる岩塩も、

鉱物の一つ。

海水を蒸発させて塩をつくってきた

日本人には馴染みは薄いですが、

実は世界の2/3の塩は岩塩から作られています。

水 晶

二酸化ケイ素が結晶してできた鉱物を

「石英」と呼び、中でも美しい大きな結晶を

「水晶」と呼びます。

日本国内でも各地で産出されるため、

馴染みの深い鉱物と言えるでしょう。

鉱物の世界!神秘的で奥深い!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

お気に入りの鉱物を披露しあう

謎のオンライン飲み会や、

毎晩鉱物を眺めるのが日課だという女性など、

いま色とりどりの石に魅せられた“鉱物女子”

増えているようです。

石集めにブーム到来

楽しみ方もいろいろです。

皆さん、「鉱物」に注目したことはありますか。

地球上には、見た目も性質も

多種多様な鉱物が存在します。

実は今、女性を中心にコレクションする人が

じわじわと増加しているとか!

人気を集めているのは、

ジュエリーやパワーストーンとしての

鉱物ではなく、

人の手がかかっていない、

ありのままの原石の美しさや面白さです。

近年は、鉱物や化石、隕石の展示即売会・

ミネラルショーが各地で開催されており、

鉱物好きが増えているように思います。

鉱物収集というと、

どこかマニアックな印象がありますが、

集めて眺めるだけが楽しみではありません。

インテリアとして飾ったり、

植物などと合わせてアート作品を作ったり、

それらの写真を撮ってSNSで披露したりと、

遊び方の幅が広がっています。

鉱物の世界!和歌山 宝石探し!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

古代にはまじないの道具や、

絵の具として絵画に使われたりと人にとって

親しみのあるものでした。

和歌山では、資源として利用される

黄銅鉱や黄鉄鉱などのほか、

2016年に日本地質学会が

「県の石」として選定した

「玻璃長石」などがポピュラーです。

石英(水晶)も全国でよく見られる鉱物ですね!

川辺などを訪れたとき、

普段は気にしていない石に注目してみてください!

注意深く見てみると、鉱物がひそんでいます。

自然の中で、きれいな形の結晶を発見すると

うれしくなりますね。

さらに、買ったものよりも

自分で見つけたものに愛着がわきますよね!

コレクターには、気に入った1種だけを追いかける人、

きれいな鉱物を収集する人、全種類制覇を目指す人、

自分の手で採集することを楽しんでいる人など、

さまざま。インテリアとしてスタイリッシュに

楽しむのもいいですね。

あなたも“地球の神秘”にぜひ触れてみては

いかがでしょうか!

和歌山県立自然博物館

住所: 海南市船尾370-1

電話: 073(483)1777

営業時間 :午前9時半~午後5時

定休日 :月曜

料金 :大人470円

いかがだったでしょうか!

今日も最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。