漁師がうなる!幻の幸!秘伝の味は!季節を代表する4魚種とは!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、2/24水10:15〜10:42

NHK地域局発 えぇトコ「漁師がうなる!幻の幸 秘伝の味」

の放送内容に基づき

「漁師がうなる!幻の幸!秘伝の味は!季節を代表する4魚種とは!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

漁師がうなる!幻の幸!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

幻のエビ、ガサエビとは?

突然ですがみなさま「ガサエビ」って

食べたことありますか?

日本海側でしか水揚げされないこと、

鮮度が落ちるのが早くあまり

市場に出回らないことなどが原因で「幻のエビ」

などとも呼ばれてます。

このエビは、水揚げが少なく、

かつ鮮度の落ちが早いため、

ほとんど市場には出回りません。

そのため、幻のエビと呼ばれています。

見てくれは醜悪ですが、味は逸品です。

甘さはボタンエビには及びませんが、

歯応えが良く、刺身はもとより鍋、焼き、

天ぷらなど、何をやっても美味しいエビです。

中々まとまって漁するのは難しいエビです。

漁師がうなる!秘伝の味は!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

●赤魚の一夜干し

赤魚は、背びれや腹びれに

固いトゲがあります。

しかし、身は脂が乗り、塩干しは焼物に

もってこいの逸品です。

しかし、この赤魚・・・

魚体の周りに固いとげ(骨?)があります。

なので、全てに包丁を入れて、

加工する必要があります。

1尾分だとかなりの量になります。

半身がちょうど1人前くらいのボリュームです。

この「赤魚塩干し」が食卓に並ぶと、

その日のメニューは結構リッチな気分になりますよ!

●イカの一夜干し

能登半島、小木沖で取水された海洋深層水で

仕込んだイカの一夜干しです。

カネイシのある小木港は能登半島の中でも

海底が少しの距離で急激に深くなる地形です。

海洋深層水の特徴としては

表層水と比べ「清浄性」「富栄養性」「熟成性」

「ミネラル特性」「低温安定性」などが優れており、

『能登海洋深層水』は「日本海固有水」

言われている日本海内で循環している

水深300mより深いところにある深層水です。

この海洋深層水を利用してイカの一夜干しを作ると、

味全体が丸みを帯び小木で荷揚げされた

船凍イカの旨みを引き立てます。

漁師がうなる!季節を代表する4魚種とは!

それぞれの季節を代表する4魚種を発表!

そのおいしさを生産者たちが自らPRする試食会が

開催されました。

「新潟県漁師自慢の魚『プライドフィッシュ』発表会」

会場に用意されたのは、

この日に発表となる新潟の4つの

「プライドフィッシュ」です。

春夏秋冬それぞれの季節を代表する、

漁師自慢の魚たちです。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

春に選ばれたのは「佐渡のナガモ」です。

養殖が難しいため試行錯誤を重ねているが、

湯通しして冷凍すれば1年は味が変わることなく

食べられます。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

夏は「新潟のノドグロ」

岩陰に生息するため漁獲には苦労しますが、

獲れたときの喜びは大きいと語られました。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

秋は「越後の柳カレイ」です。

上品な脂が乗り刺身でも寿司でもおいしいです

が、一番のおすすめは一夜干し。

試食会にご用意いただいたのは、

自慢の一夜干しです。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

冬に選ばれたのは「南蛮エビ」です。

鮮度の高いものは真っ赤であることから、

南蛮の名がついたとか。

活きのよいものは一生の思い出に

残るほどおいしいとPRされています。

いかがだったでしょうか!

今回は、海に湖に、関西の豊かな漁場で

守り継がれてきた宝の味の数々、

漁師たちが教えてくれた四季折々のウマイもんを紹介しました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。