冬に食べたいマグロ料理!ねぎま鍋!マグロカツと甘酢あんかけ!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、2/19金14:05〜14:30

ごごナマ おいしい金曜日「冬に食べたいマグロ料理」

の内容に基づき

「冬に食べたいマグロ料理!ねぎま鍋!マグロカツと甘酢あんかけ!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

冬に食べたいマグロ料理!ねぎま鍋!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

ねぎま”というと焼き鳥を

想像する方が多いと思うのですが、

このねぎま鍋とは「葱(ネギ)」と

「鮪(マグロ)」からきているもの。

漢字で書くと「葱鮪鍋」ですね!

マグロの脂から出るうま味がつゆに溶け、

そのうま味を吸ったネギを頬張ると

もう、とろけますね!

めんつゆを使ってパパッと

簡単に仕上げちゃう方法があります。

ご飯もお酒もすすむこと請け合いです。

マグロは手軽な刺身用のサク

(またはぶつ切り)を使うのですが、

選ぶ際のポイントは、

「筋が多く脂がのっている」ことです。

筋が多い部分はかたくて刺身にしても食べづらく、

お安くなることが多いんですね!

「かたいって言っているマグロの筋、

鍋に使って食べる時には気にならないの?」

と思いますよね!

 マグロの筋、主成分はコラーゲンや

タンパク質なので、

熱を加えると溶けて甘みが

増してうま味になります。

「ねぎま鍋」に向いているのは筋が多い

脂のあるマグロ、これに尽きるんです。

本マグロやインドマグロはお高いので

種類はメバチマグロあたりがお勧めです。

あとタイムセール! 閉店間近に行くと

表示価格からさらに値引きされます。

ここが狙い目ですね!

冬に食べたいマグロ料理!マグロカツ!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

ダイエット!焼かない☆檸檬マグロカツ

のご紹介です。

材料 (2人分)です。

マグロ150g

檸檬5mm

生姜(チューブ)1cm

ほんだし小さじ1/4

卵1/2

パン粉大さじ2

■ 焼きパン粉

パン粉大さじ3

オリーブオイル小さじ1

マグロに生姜を加えて細かくたたく

檸檬を皮ごとみじん切りにして混ぜます。

残りの材料も混ぜます。

パン粉にオリーブオイルを

回しかけてラップをします。

レンジ600w1分半チンして

ミトンで持って振る

冷めたらスプーンで混ぜます。

焼きパン粉をまぶします。

オーブン220度15分焼いて完成です。

コツ・ポイント

ウスターソースや醤油が合います

ソースが無くても美味しいです

お好みでミョウガを入れてもOKです。

冬に食べたいマグロ料理!甘酢あんかけ!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

甘酢あんかけのご紹介です。

材料 (3人分)

パプリカ〔赤、黄〕各1/2個

マグロ切り身1.18lb【530g】

■ マグロ下味

醤油大1

生姜の皮1かけ分

■ 合わせ調味料

A醤油大2

A酢大2

Aみりん大1

■ 衣

青のり適量

片栗粉適量

■ その他

油適量

作り方

1・パプリカは、薄くスライスします

2・マグロを食べやすい大きさに切ります。

 ボールにマグロ、下味の醤油と

 生姜の皮を加えて軽く揉みます。

3・別のボールに片栗粉、青のりを入れ、

 2のマグロにまぶします

4・フライパンに油を敷き、3を揚げます。

 マグロに火が通ったら一旦皿に移し、

 フライパンの油を拭き取ります。

5・パプリカをフライパンに入れ炒め、

 火が通ったらマグロを戻し入れてAを加えます。

 とろみがついたら完成です。

6・皿に盛り付け、青のりを上からふりかけます。

コツ・ポイント

マグロに片栗粉を付けて揚げているため、

あんかけの材料に片栗粉を加えなくても

トロミは付きます。

甘酢と言っても砂糖を入れていないので、

甘くはありません。

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。