マンションとアパートの違いとそれぞれのメリット・デメリット!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、5/21(金)19:57〜20:42

チコちゃんに叱られる!▽アパートとマンション▽握りずしの謎▽人の顔が現れる!

の放送内容に基づき

「マンションとアパートの違いとそれぞれのメリット・デメリット!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

マンションとアパートの違いとそれぞれのメリット・デメリット!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

「アパートとマンションの違いってなんですか?」

今回はこの疑問について調べてみました。

実は、マンションとアパートの明確な違いを定める規定はないようなのです。

そこで、不動産業界の一般的な区別の仕方とそれぞれのメリット・デメリットに

ついて書いてみました。

重量鉄骨造で2階建てはマンション!

木造3階建てはアパート!

基本的には、階数というより、構造によって判断しているようです。

諸説があります。賃貸ポータルサイトの掲載基準で異なるケースあります。

構造による区別で判断すると

木造…アパート

軽量鉄骨造…アパート

重量鉄骨造…マンション

鉄骨鉄筋コンクリート造…マンション

階数による区別で判断すると

2階建て…アパート

3階建て以上…マンション

アパートとマンションの違いは、定義づけされていないのは前述の通りです。

いってしまえば、英語で「mansion(マンション)」

「大邸宅」という意味ですし、

「apartent(アパート)」は日本でいう「マンション」に近い意味なのです。

つまり、一般的に浸透しているイメージで理解してよいと思われますね!

アパート…2階建て(または3階建て)の低層タイプの木造、軽量鉄骨造の賃貸住宅

マンション…3階建て以上の中高層タイプの重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造の共同

住宅と判断してよいようですね!

3階建ての木造

3階建ての木造タイプで、マンションと表記されるケースがあります。

この場合、お部屋探しをする際の勘違いに注意です。

2階建ての重量鉄骨造

2階建ての重量鉄骨造で、2階建てのため「アパート」と表記されていました。

次に、それぞれの特徴として、メリットとデメリットを見てみましょう。

マンション

メリット

構造が、しっかりしている。

防音性が高い。

ハイグレード。

デメリット

家賃が高め。

室内に梁(でっぱり)がある。

アパート

メリット

家賃が安い。

かわいい外観。

デメリット
周りの騒音、又は自分の生活音が周りに

迷惑かけないかが心配ですね!

また、万が一の火災が大きな心配の種です。

室内を歩いた感じが、華奢などがあります。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

上記のように、マンションとアパートのメリット・デメリットを

書いてみました。

繰り返しになりますが、これらは、あくまでも一般論です。

実際にアパートでも、室内に入ると、設備がしっかりしているし

歩いた時に床の質感もがっちりしていて、

まるでマンションのようなアパートもあります。

下手なマンションよりがっちりした印象を受け

たりします。

逆を言えば、マンションなのに、戸境壁(隣との境の壁)が薄く、

生活音が筒抜けだったり、期待していたものとかなりの

ギャップがあったりするのが現実です。

お部屋探しの重要なポイントは、

「とにかくマンション!アパートは絶対ダメ!」というような

固定概念・先入観があるとせっかくの条件のいい物件を

逃してしまうこともあります。

アパートだけど、ダメもとで見てみるか!

おっ、意外といいじゃない、家賃も安いし!

という、素適なお部屋との出会いになるかもです。

それでは、あなたに素敵なお部屋が見つかりますように!

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。