光秀のスマホ!nhk山田孝之の役は!着信音は?皆の感想とは!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、光秀のスマホ 拡大版

2020年12月25日(金) 22時00分~22時48分 の放送内容

に基づいて

「光秀のスマホ!nhk山田孝之の役は!着信音は?皆の感想とは!」

と題して書いて見ました。

スマホ画面だけで進行する異例の連続5分ドラマとし

て反響のあった戦国SF時代劇「光秀のスマホ」、

新規撮影分も加えて、1本のドラマとなった拡大版を放送します。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

光秀のスマホ!nhk山田孝之の役は!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

主人公は、大河ドラマ「麒麟きりんがくる」

主人公でもある明智光秀です。

大河の十兵衛さまは、乱世を憂う勇猛果敢な麒麟児ですが、

「光秀のスマホ」の十兵衛は、

エゴサして評判の悪さに落ち込んだり、

フォロワー数の伸びを気にしたり、

裏アカで愚痴をこぼしたりしています。

「麒麟がくる」の十兵衛さまとは全く

異なるキャラクターです。

光秀のスマホ」では、そんな光秀が、

とあるツイートをきっかけに織田信長に

仕官するところから、

パワハラ上司の信長やライバル秀吉との

出世争いの果てに、

ついには本能寺の変を起こすまでを描きます。

しかし、主人公・光秀の顔は一切映りません。

全編通じて映るのは“スマホ画面”(+背景)。

つまり、光秀になった気分で、

光秀のスマホをのぞき見ているような、

不思議な気分を味わえるドラマです。

本作は全編スマホ画面のみで構成されているため、

光秀はもちろん、そのほかの人物もごく一部をのぞき、

顔が一切写りませんが、光秀を演じているのは、

俳優の山田孝之さん

スマホ画面に一喜一憂する光秀の心情を、

フリック入力するときの指の動きや、

ふと漏れる溜息などの声で表現しています。

山田孝之さん曰く

悪友の竹村武司先生(放送作家、脚本家)

からのお誘いで面白そうな話がきた と言っています。

尺は短いしとか、顔も映らないしとか、

台詞が少ないしとか、

そんなことは全く関係なく、

忙しいドラマ撮影の最中とはいえ、

是非参加したいと思いましたと語っています。

撮影方法も特殊で、思ったより仕事量が多く

首が痛いとか、そんなことは全く

思わず楽しめたそうです。

光秀のスマホ!着信音は?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

ぼそっとつぶやく光秀の声(山田孝之)がなかなか、

いいんですね!

現代風の言葉づかいで笑ってしまいます。

それに、両手を使ってスマホの文字を打つときの

フリック入力の速さ、

見ていてほれぼれします、

神技としか言いようがありません。

織田信長からの着信音(マナーモード)の

ブルブルという音でスタートします。

このスマホのホーム画面、非常に巧妙に出来ていて

ビックリします。

光秀はツイッターをやってたんですねえ!

フォロアーが増えないのが悩みのようですよ!

光秀のスマホ!皆の感想とは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

“もしも明智光秀がスマホを持っていたら…”

明智光秀がスマホを駆使して戦国時代を駆け抜ける。

スマホ画面=光秀目線だけで描く戦国SF時代劇。

LINEやTwitterを使う光秀。

信長、秀吉とのLINEは面白い。

LINEスタンプも御意、是非に及ばず、など戦国仕様(笑)

エゴサする光秀、裏アカで誤爆する光秀、

既読無視する光秀など面白かった。

『麒麟が来る』を観てるから登場人物の

背景も分かりより楽しめました♪

1話5分×6話で軽く楽しめるのもいい(≧∇≦)b

明智光秀の声と体は山田孝之。

秀吉役は和田正人。

信長の声は島崎信長。

面白かった〜!!1話5分なのが丁度いい。

光秀が山田孝之なのにFilmarksのキャスト

情報に居ないのが何か怖い…笑

麒麟見てるから、こっちの光秀が性格悪く感じた😂

秀吉のしたたかさも良かったし、

信長マジでブラック上司すぎ。

個人的にはFUMI〜📩が好き😂御意!

結構終わり方怖かったけど6話楽しめた!

麒麟はどうやって終わるんだろうな〜。

スマホの画面だけで展開する、歴史と現代が混ざったかの

ような作品でした。

もし明智光秀がスマホを持っていたらという発想が、

よく出てきて、そしてそれを映像化したなと、

感心しながら見てました。

(気づくのが遅かったです)

と中々皆さん好評のようです。

いかがだったでしょうか!

今日は、

「光秀のスマホ!nhk山田孝之の役は!着信音は?皆の感想とは!」

と題して書いて見ました。

本日は誠にありがとうございました。