NHK受信料が高すぎる!民営化できないか?

こんにちは! アツボ―です。

今日は、2/14日15:05〜15:35

「新しいNHK」への改革〜みなさんの声に答えます〜

の放送内容に基づき

「NHK受信料が高すぎる!民営化できないか?」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

NHK受信料が高すぎる!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

インフォプラントが運営する

インターネットリサーチサイト

「C-NEWS」は1月24日、

テレビ番組に関するアンケート調査の

結果を発表しました。

調査対象は、12歳以上(小学生除く)

のテレビを視聴している

インターネットユーザー500人で、

調査実施日は2004年12月21日~22日です。

これによると、「NHK(BS、地上波デジタル含む)と

民放(BS、地上波デジタル含む)の

どちらのテレビ番組を見ることが多いか」に、

「NHK」「どちらかといえばNHK」と答えたのは1割

「民放」「どちらかといえば民放」は

7割という結果になりました。

「世帯でNHK(地上波アナログ)の

受信料を支払っているか」では、

「カラー契約で支払っている」が6割弱、

「わからない」が2割強、

「支払っていない」のは2割弱でした。

「支払っていない」のは20代が3割と高く、

30代で3割弱、40代で2割、

50歳以上と自分で支払っていないと

思われる10代が1割前後で、

年代が上がるほど支払っている傾向にあります。

いつから支払っていないかについては、

2003年以前が7割弱で、

不祥事が発覚した2004年7月以降は1割半ばでした。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

受信料の値段については、

「高すぎる」「やや高い」が約8割を占め、

「どちらともいえない」が約2割。

「安すぎる」「やや安い」はほとんどおらず、

「受信料を支払うべきか」には、

「NHKを見る人だけ支払うべき」が43%で最も多く、

次いで「支払う必要はない」が35%。

「見ない人も支払うべき」は8%でした。

見ている人から受信料を頂く!

このあたりが一番無難なような気もいたしますが

皆さんはいかがですか?

NHK民営化できないか?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

さまざまな声がある中でNHKは次のような

回答をしています。

放送法を改正してNHKを民営化することは、

選択肢のひとつとしては

考えられるかもしれませんが、

NHKを民営化して、

利潤確保のため視聴率競争を

重視せざるをえない民放を、

日本の放送界にもう1社増やすことが、

果たして視聴者のみなさまの

利益につながるかどうか、

慎重に考慮する必要があります。

視聴率競争によって、内容は優れているものの、

視聴率が取れない番組は続けられないとなると、

番組の画一化や質の低下が懸念されます。

地震災害や台風、国際的な大事件等、

緊急時に行う長時間の報道や

年間数十日にも及ぶ国会中継などの放送は、

受信料で成り立つ公共放送だからこそ

可能だと考えています。

子ども向けの番組や福祉番組などを

半世紀にわたって地道に

放送し続けている教育テレビや、

海外に向けて多彩な情報を

発信する国際放送は、

商業ベースでは容易に

成り立たないのではないでしょうか。

膨大な情報がはんらんする

本格的なデジタル時代にあって、

公共放送の役割はいっそう大事になっています。

視聴者のみなさまに負担していただく

受信料を基盤とすることで、

組織運営の独立性を保障された公共放送が、

視聴率や市場原理にとらわれることなく、

質の高い多様な放送を総合的に行うことが、

これまで以上に重要になっていると考えています。

今後とも、不断に自主的な改革を行い、

視聴者のみなさまの支持と理解が得られるよう、

効率的効果的な業務運営に努めてまいります。

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。