尾畠春夫さん緑綬褒章,家族、名言(スーパーボランティア)

こんにちは! アツボ―です。

今日は、尾畠春夫さん緑綬褒章,家族、名言(スーパーボランティア)について調べてみ

ました。どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

尾畠春夫さん緑綬褒章!

赤いねじりはちまきにオレンジのシャツ姿、全国各地の災害現場に駆けつけ、

被災者と一緒になって復旧作業に当たる様子が多くの人を勇気づける。

「スーパーボランティア」と呼ばれる尾畠春夫さん(81)=大分県日出(ひじ)町=が秋

の褒章で緑綬褒章を受章しました。

信条は、対価・物品・飲食を求めないこと、自己責任、自己完結。

2018年8月、山口県周防大島町で3日間行方不明になった2歳男児を発見した時は、

男児の祖父から風呂を勧められたが丁重に断った。

「スーパーボランティア」ともてはやされても「こんなの取り上げる方がおかしい」。

今回の受章も「当たり前のことをさせてもらっているだけ」とそっけない。

活動の原点が、受章理由に挙げられた、自宅から1時間足らずの由布岳(標高1583メー

トル)での環境保全活動です。

登山道にベンチや階段をつくり、道に迷わないよう4カ国語の看板も立てる。

趣味の登山は40歳を過ぎて始めました。

「山を歩くなら、手入れするのも登山者の務め」と由布岳には50歳から30年以上通い、

今も年間120~130日は足を運びます。

被災地でのボランティアは04年の新潟県中越地震が皮切りだ。28歳から営んでいた鮮魚

店を閉めたばかりだった。誰にも告げず、貼り紙で知らせると惜しむ声が相次いだ。

「みんなから優しくしてもらった恩をどう返したらいいかと思い、

ボランティアをさせてもらっています。ほんの少しの恩返しやけどね」

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

*緑綬褒章とは!

自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著なる者に授与されます。

当初は「孝子・順孫・節婦・義僕の徳行卓絶なる者又は実業に精励し衆民の模範たるべき

者」に授与することとされていました。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

尾畠春夫さん家族!

尾畠春夫さんは1963年に結婚しており、家族は嫁 (妻)と48歳の息子、

45歳の娘、それに孫娘が1人と孫息子が4人います。

これだけ世間から注目されている尾畠春夫さんは、家族や孫から見たらどんなおじいちゃ

んなんでしょうか!ちょっと気になりますよね!

被災地でも、明るく冗談で場を和ませる尾畠春夫さんですから、きっと家族やお孫さんに

も明るくて気の良い頼れるおじいちゃんだと思います。

だって、人生相談までされるぐらい、人から信用されている尾畠春夫さんですよ!

きっとその飾らない真っすぐな性格や人柄を家族も知っているはずですね!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

尾畠春夫さん名言!

●命はひとつ。人生は一回。だったら、この世にある間に悔いのないように生きたい

●今まで自分の人生で、私は途中で投げ出したことは一回もない

●(ボランティアをしたら)ありがとうってニコッと笑ってくれる。その笑顔が、私には

何よりの宝

●冬になれば雪が積もり、梅雨など雨量の多い時期には土砂災害が起こる。自然が教えて

くれるのは、そのあらがえなさ

●つまずいたときでも、自然が教えてくれたことが頭をよぎる

●困っている人に手を差し伸べさせてもらいたい、ただそれだけです

●78歳になるけど、お袋に思い切り抱き締めてもらいたい

●かけた情けは水に流せ。受けた恩は石に刻め

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

いかがだったでしょうか!

今日は、尾畠春夫さん緑綬褒章,家族、名言(スーパーボランティア)について調べました。

皆様のお役に立てば幸いです。