「おちょやん」!宣伝不足と低視聴率!浪花千栄子って誰?

こんにちは! アツボ―です。

今日は、朝ドラ「おちょやん」にスポットを当て

「「おちょやん」!宣伝不足と低視聴率!浪花千栄子って誰?」

と題して調べてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

「おちょやん」!宣伝不足と低視聴率!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

杉咲花さん(23)が主演のNHK連続テレビ小説『おちょやん』

が、スタートダッシュに失敗したもようです。

初回の世帯視聴率は18・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、)

初回が20%を下回るのは2017年度上半期の『ひよっこ』以来、7作ぶりで

第2話以降も17~18%台を推移し、大台に届いていません。

理由はいくつか考えられますが、

一番大きいのは宣伝が行き届かなかったことにあるようです。

初回で21・2%を記録した前作『エール』は放送開始前、

一般紙とスポーツ紙に計307件の関連記事が載っておりました。

ところが『おちょやん』は計93件と3分の1に過ぎず、極端に少ないんです。

序盤の視聴率を決める一番の要因は宣伝にほかならないんですよね!

中身の良し悪しが視聴率を左右するのは、視聴者が一度でも見たり、

口コミが広がったりした後なのですから・・

記事の数が少なかったのは主に新型コロナ禍のせい?

NHKはコロナのために収録スケジュールの大幅な変更を強いられ、

PR活動も普段どおりに出来なかったようです。

杉咲さんが演じる主人公・竹井千代のモデルは「大阪のお母さん」

リアルタイムで浪花千栄子さんを知っているのは

昭和中期生まれまでの世代です。

それだけに宣伝不足は大きな痛でになったようですね!

他にスタートダッシュ失敗は、主演の杉咲さんにもあ

るのでしょうか!

ドラマも映画も「1に脚本、2に役者、3に演出」と言われ、アメリカの名監督ビリ

ー・ワイルダーは「作品は脚本で8割決まる」と語っています。

だが、見てもらうまでは別です。

作品選択において大きいのは主演が誰かということですね!

杉咲さんは、人気面ではこれからの人で、ビデオリサーチの

「テレビタレントイメージ調査」などの各種好感度調査では

上位に入っていません。

人気先行の役者もいるが、杉咲さんは実力先行型の役者です。

杉咲さんが特別なわけではない!

例えば昭和の大女優である故・森光子さんが

主演の座を射止めたのは40歳を過ぎてからで、

人気が出たのはさらに後です。

杉咲さんの場合、実力と人気が正比例するのは今後の課題ですね!

千代役でブレイクスルーする可能性が十分ありますね!

「おちょやん」!浪花千栄子って誰?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

名前:浪花千栄子(なにわちえこ)

本名:南口キクノ(なんこうきくの)

生年月日:1907年11月19日

享年:1973年12月22日(66歳)

星座:さそり座

出身地:大阪府南河内郡東板持町(現・富田林市)

上方女優の代名詞的で『大阪のお母さん』と呼ばれ親しまれた

浪花千栄子さんには、学校にも行けない貧乏!

才能あるのに給料未払い!

ゲス旦那との結婚生活など色々な苦労がありました。

浪花千栄子さんが生まれた実家は、河内弁(かわちべん)とも呼ばれ

大阪で特に毒舌で有名な河内(大阪府南河内郡)にあり、

両親は養鶏場を経営していました。

養鶏場といっても実家は貧乏で、今なら考えられないですが

小学校に通うことができなかったため字が読めない子供でした。

また、本名と芸名は違いますが、

本名のおかげで40代のとき大塚製薬の『オロナイン軟膏』CMに出演し、

街中の看板に登場した誰もが知る女優でした。

それは本名の読み『なんこうきくの』に因んで『軟膏(なんこう)』のCMに起用さ

れたから、ダジャレ?大阪っぽくて面白いですね!

「浪花千栄子でございます」のセリフから始まる『オロナイン軟膏』

のCMは知らない人のいない人気看板でした。

いかがだったでしょうか!

本日は、「おちょやん」!宣伝不足と低視聴率!浪花千栄子って誰?

と題して書いてみました。

皆様のお役に立てば幸いです。

本日は、誠にありがとうございました。