窪田正孝、古山裕一(古関裕而)役でNHK朝ドラ「エール」で活躍!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、NHK朝ドラ「エール」で活躍している窪田正孝さんにスポットを当ててみました。

スポンサーリンク

窪田正孝さんとは!

1988年生まれ、神奈川県出身。2006年のデビュー以来、テレビドラマ、映画など幅広く活躍しています。

NHKでは2014年、連続テレビ小説『花子とアン』で、花子の幼なじみ・木場朝市役を演じて

大きな反響を集めています。

ほかにも『ゲゲゲの女房』『下流の宴』『4号警備』、大河ドラマ『平清盛』など、各作品印

象深い役柄を演じ、話題になりました。

2020年連続テレビ小説『エール』では、昭和という激動の時代、作曲家として数々の名曲を生

み出してゆく主人公・古山裕一を演じています。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

窪田正孝さんの演じる古山裕一(古関裕而)とは?

クラシック畑からポピュラー畑に転身、数多くの流行歌・歌謡曲や映画音楽、軍歌の作曲を手

掛け、「船頭可愛や」、「露営の歌」、「暁に祈る」、「若鷲の歌」などを発表しました。

戦後は、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の主題歌「とんがり帽子」や、「フランチェスカの

鐘」、藤山一郎の「長崎の鐘」、「イヨマンテの夜」、「君の名は」、岡本敦郎の「高原列車

は行く」ほか、数多くの大ヒット曲を生み出しています。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

窪田正孝さんNHK朝ドラ「エール」で活躍!

表情の豊かさでは今作『エール』の裕一が随一であるのは間違いないですね!

売れっ子作曲家となり、また父親となった裕一が音とともに暗黒の戦時をどう生きていくの.

か、窪田正孝の芝居にいっそう熱い視線を注いでいきたいですね!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

いかがだったでしょうか!

窪田正さんが演じる古山裕一役、これからも見逃せない場面が多くなりそうですね!