自分らしい最期!終活で必要な3つのポイント!最後まで自分らしく!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、所さん!大変ですよ「妻が宇宙に旅立った!? 葬儀と供養★最前線」

2020年12月17日(木) 19時30分~20時42分 の放送内容に基づいて

「自分らしい最期!終活で必要な3つのポイント!最後まで自分らしく!」

と題し調べてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

自分らしい最期!終活で必要な3つのポイント!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

「生きるは束の間、死ぬはしばしのいとま」

「終活」という言葉を聞いたことはありますか?

終活は、死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備のことです。

終活にはさまざまな形があります。

そこで今回は、後悔しない老後生活を送るために「終活で必要な3つのポイント」

考えてみましょう!

終活で得られるメリットは、主に次の3つあります。

1つ目は、自分の意思が家族に伝わり、老後の生活が前向きになることです。

死を前提とする話は、健常な人であれば最初は戸惑いますよね!

聞かされる側も驚いてしまうことでしょうね!

伝えるときはまず

「自身の健康状態から切り出す」のが大きなポイントです。

2つ目は、残された老後生活が充実することです。

死を人生のゴールとするなら、

ある程度自身で自分のことを把握できたほうが、

残りの時間を有効に活用できるでしょうね!

3つ目は、遺産相続のトラブルを回避できることです。

金銭が関わる遺産相続では、「誰がどれだけ受け取れるか」

が明確になっていないため、大きなトラブルに発展した事例が

沢山あります。

自分が生きているうちに、遺言書を残すことはもちろん、

相続する相手とも話し合いを進めておくことが

とても大事になってきます。

終活は、自分の人生を全うし、

残される家族のために行う大切なものです。

自分の老後について考えたいという方は、

思い立った日から始めると良いでしょうね!

また、現在両親や義理の両親を介護中の方は、

彼らの残りの時間を充実させるためにも、

勇気を振り絞って終活を勧めてみてはいかがですか?

最後まで自分らしく生きるためには、死から目を背けず、

限りある時間の上手な使い方を考えることが重要なのです。

「生きるは束の間、死ぬはしばしのいとま」

自分らしい最期!最後まで自分らしく!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

自分が最期までどのように生きたいか、

日ごろからよく考えておきましょう。

そのことについて家族や周囲の人とよく話し合うこと、

いろいろな情報を集めること、考えたことを整理することも重要ですね!

自分自身や周囲の状況の変化とともに考え方が変わることもあるでしょう!

いつでも、何度でも繰り返すことが大事ですね!

Step1_考える

自身の価値観や人生観、最期をどこでどのように過ごしたいか、

などについて、まず自分で考えてみましょう。

Step2_話し合う

家族や兄弟、友人等の身近で信頼できる人や

かかりつけ医などの医療関係者と話し合いましょう。

Step3_調べる

最期を迎える場所の選択肢にはどのようなものがあるか、

既存の意思表明様式など関連情報を収集しましましょう。

Step4_整理する

最期の時期をどのように過ごしたいかについて、

自分の意思を明確にし、周囲に依頼したいことを整理しておきます。

日頃から「考える」、「話し合う」、「調べる」、「整理する」を繰り返えす

ことが、自分が最期までどのように生きたいかを考えるときに

とても大事な要素になってくるでしょうね!

「生きるは束の間、死ぬはしばしのいとま」です。

自分らしい最期が充実したものであって欲しいですね!

いかがだったでしょうか!

今日は、「自分らしい最期!終活で必要な3つのポイント!最後まで自分らしく!」

と題し書いてみました。

皆様のお役に立てば幸いです。

本日は誠にありがとうございました。