佐藤可士和!デザインの失敗!デザインしたロゴ!成功の裏に妻!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、4/1(木)23:06〜23:55

カンブリア宮殿【今こそ企業を強くしろ!ヒット請負人・佐藤可士和の改革術】

の放送内容に基づき

「佐藤可士和!デザインの失敗!デザインしたロゴ!成功の裏に妻!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

佐藤可士和さんデザインの失敗!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

グラフィックデザイナー

佐藤可士和さんのデザインが

セブンイレブンのセブンカフェに

引き続き、今度はウイダーインゼリーの

パッケージデザインの件でも

叩かれていますね。

誰にも失敗はあるわけですが、

どこで失敗してしまったのか?

答えは簡単、ベネフィット

重点が置かれていないんです。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

「ベネフィット」とは、

お客様が手に入れることによって

もたらされる価値、成果、効用のことです。

今回のセブンカフェで言えば、

「アイスコーヒーを飲んで喉を潤したい」

ということになりますが、

早く喉を潤したいのに、

どのボタンを押したらいいのかわからない!

初めて買う人が迷ってしまうような、

わかりづらいものは意味ないのです。

ウィダーインゼリーのパッケージについても、

ベネフィットがないのが問題です。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

「10秒チャージ、2時間キープ」とか、

「ビタミンが簡単にとれる」というベネフィットが

わかりやすく表現されていたものを、

商品のコンセプトを変えてしまい、

お客様が求めていないカロリーゼロとか

ハーフとかいう飲料が流行っているからといって

それに合わせた表現にしてしまったのでは、

今までの愛用していたファンが

逃げてしまうのは当然なのです。

カロリーゼロの爽快感を求める

新規のお客さんは、あえて

ウィダーインゼリーを

買おうとはしないでしょう。

マーケティングの初歩の初歩である

ベネフィット!これを忘れてしまった結果が

今回の原因の大きな要因であることは

間違いないでしょうね!

佐藤可士和さんデザインしたロゴ!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

これまで手がけてきた数多くのロゴデザインは

多くの人にとって身近で馴染みはあるものの、

「ロゴはデータですから、実体があるようでない」

「ロゴはブランド戦略の要でもあるので、

その存在感や社会での

重要性などを“どうすればみなさんに

伝えられるのか”と最初に考えたそうです。

 

超がつくほどの整理好きの一面を持つ佐藤さん。

実際にロゴを設計していく際にも

「本当に綺麗な比率になるまで延々とやっている」

と言います。

なぜそこまでこだわるのかというと、

「ロゴはスマートフォンなどで目にすること

もあれば、巨大な看板で目にすることもある。

そのため、どのような場面で視界に

飛び込んできてもイメージがブレない。

『ロゴの耐久性』を目指しているといいます。

佐藤可士和さん成功の裏に妻!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

佐藤可士和さんの妻・悦子さんは早稲田大学を

出て博報堂の営業局に配属され、

28歳で結婚後、外資系化粧品メーカー、

ゲランのPRをしていました。

働き始めて3年で可士和さんの

「サムライ」に参加しました。

博報堂から独立した、可士和さんのもとには

大量のお仕事が舞い込んでいました。

悦子さんはゲランを退職し、可士和さんの右腕に!

可士和さんに『ブランディング』というものを

はじめて伝えたといいます。

これが今となっては彼の流儀となり、

ロゴ、プロダクト、空間などすべてを

アイコンととらえて企業のミッションを表現する

『アイコニックブランディング』

いうかたちで多くの課題を解決しています。

可士和さんの仕事を世に広くアナウンスし、

受け入れられるように仕掛けて行った

のが悦子さんです。

彼女は博報堂、ゲランで学び、

「佐藤可士和」というブランドをつくった女性!

彼女が「佐藤可士和」をPRするためにとってきた

インタビューのお仕事など、

最初はいやいやこなしていた可士和さんだが

この世間に認知される作業なくしてはいまの

「佐藤可士和」はなかっただろうと思います。

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。