渋野日向子!防寒に無防備!プレー前すでに敗北していた?【全米女子オープン最終日】

こんにちは! アツボ―です。

今日は、全米女子オープン最終日に敗退を記した渋野日向子さんに

スポットを当て、「渋野日向子!防寒に無防備!プレー前すでに敗北していた?【全米女子オ

ープン最終日】」と題して調べてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

渋野日向子さん防寒に無防備!【全米女子オープン最終日】

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

「自分らしいゴルフがなかなかできなかった。体が寒さで動かず、

ショットもグリーンに乗らなかった。耐えようと思ったけど、

やっぱりこういうゴルフでは通用しない」

逆転負けを喫した18ホールを渋野さんはこう振り返っています。

2番、7番をボギーとすると、さらに10番でもスコアを落とし、ここで首位を明け渡

してしまいました。

1番はパーを拾ったが、2番はセカンドショットを木に当ててボギーを喫しました。

「クラブ選択が曖昧だった。すごく悔いが残る」

そんなふうに、あたふたしたゴルフになった原因が、緊張ではないことは、

あからさまに見て取れた。そう、その原因は明らかに寒さのせいだった!

いや、正確に言えば、渋野さんの薄着のせい!

もっと正確に言えば、防寒対策が甘かったことが、

彼女の最大の敗因だったと言わざるを得ない。

他選手たちがニット帽を被り、耳当てを付け、

セーターの下にはタートルネックのアンダーシャツなどを着こみ、

セーターの上にはダウンのベストなどを重ね、

さらには脱いだり着たりが楽にできるたっぷり目のジャケットなどを羽織る選手も

いる中で、渋野の出で立ちは、あまりにも薄着で無防備だった。

なぜ、防寒対策に無防備だったの?

ファッションに対する見栄?

それとも気候に対する読み間違い?

いずれにしても読みの甘さ、判断の甘さが命取りになったことは否めない!

最終日の渋野さんの敗因は、ティオフする前から、すでに存在しており、

その敗因を生んでしまったのは他の誰でもない

渋野さん自身だったってことですね!

渋野日向子さんプレー前すでに敗北していた?【全米女子オープン最終日】

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

2位に1打差の単独首位で全米女子オープン最終ラウンドに臨んだ

渋野日向子さんに日本の大勢のファンが期待を膨らませていました。

終わってみれば、勝利を掴んだのは、

スコアを4つ伸ばして通算3アンダーで先にホールアウトした

韓国のキム・イェリム選手!

2バーディー、5ボギーで3つスコアを落とした渋野は通算1アンダーで4位に甘んじ

てしまいました。

「惜しかったね」という言葉は、今回の渋野さんには当てはまらない!

なぜなら、最終日の渋野の敗因は、ティオフする前から、すでに存在しており、

その敗因を生んでしまったのは他の誰でもない渋野さん自身だった。

 悪天候で月曜日に持ち越された最終日!

渋野さんのショットは出だしから方向が定まらず、判断も定まらず、

あたふたしたゴルフで発進していました。

1番はパーを拾ったが、2番はセカンドショットを木に当ててボギーを喫した!

そんなふうに、あたふたしたゴルフになった原因が、緊張ではないことは、

あからさまに見て取れました。

そう!その原因は明らかに寒さのせいだったからです。

 

4番ティ付近で簡易カイロらしきものを受け取っていましたが

優勝争いの真っ只中で、そんな付け焼刃の緊急対策をしていたこと自体、

準備不足を露呈することになりましたね!

ショット間に、赤いセーターの上に羽織っていた白いジャケットは、

見るからに薄手で、これを羽織っても、なお彼女は寒さで震えていました。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

 

そう!最終日の渋野さんは、ゴルフをプレーする以前に、

その準備段階で、すでに勝利を逃がす方向へ自ら向かっていました。

その結果、「自分のゴルフができない」「パーオンができない」

「チャンスに付けるゴルフができなかった」という展開になり

すべては、防寒対策の不足が誘発した負の連鎖だったということですね!

それに加えて、この日の渋野さんは怒りをコントロールできなくなっていました。

ミスするたびに怒りを露わにする様子は、彼女が優勝から遠ざかっていくことを示

しているかのようでした。

いかがだったでしょうか!

今日は、渋野日向子!防寒に無防備!プレー前すでに敗北していた?

【全米女子オープン最終日】と題し書いてみました。

皆様のお役に立てば幸いです。

本日は誠にありがとうございました。