薄井シンシア前向きな熟年離婚とは!ベストセラ―「ライフシフト」

こんにちは! アツボ―です。

今日は、3/29(月)22:00〜22:45

逆転人生「人生100年時代!楽しく学ぼうライフシフト」

の放送内容に基づき

「薄井シンシア前向きな熟年離婚とは!ベストセラ―「ライフシフト」」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

薄井シンシアさん前向きな熟年離婚とは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

30歳で娘を授かった時、

「この子を社会性のある人間に育てる」事が

“今”の自分の使命だ!と思ったそうです。

それで仕事を辞めて、17年間家事と

育児に専念しました。

ご主人と協力して育児をしよう、

という発想はなかったと語っておられます。

夫は仕事柄、転勤が多いし、

家にいない時間のほうがずっと長い!

子育てを夫婦間で「50:50」で

分担するのは絶対に無理だったようです。

となると自分が100やるしかない!

ご主人本人がその状況をどうにか

できるわけではなかったので、

そこは揉めても仕方がないと

思ったんですね。

そこに納得できないのなら離婚するしかない!

シンシアさんは幸いなことに、

「子育てが自分にとっての最大の任務」

だと思えたそうです。

となると、その条件下でベストを

尽くすしかないですよね。

だからシンシアさんは、主体的に

「専業主婦」を選んだんです。

広告会社の営業から、専業主婦に転職しました。

そういう気持ちで家事と育児に全力で

取り組むことにしました。

会社で仕事をするように、家事をしよう」って。

ワーク・ライフ・バランス、短いスパンで

捉える人が多すぎます。

専業主婦の人には、ビジネスに応用できる

スキルがあるといいます。

家事や育児で磨かれたスキルは、

実は仕事にもすごく応用が効く

専業主婦の人たちにはそのことに

ぜひ気づいてほしいですねと語ります。

「私が47歳で仕事に復帰できたのも、

専業主婦というキャリアがよい

トレーニングになっていたおかげなんです。

ワーク・ライフ・バランスって

言葉がありますよね。

私はこの言葉を、短いスパンで捉えている人が

多すぎると思っているんです。

私のように専業主婦の時代が17年間あって、

70歳までの次の20年間はワークの時代、

というワーク・ライフ・バランスだって

いいじゃないですか?

スパンの長短は人それぞれでいい。

みんながそれぞれの覚悟を持って、

それぞれの生きかたを

選べばいいんじゃないでしょうか」

と語っておられます。

薄井シンシアベストセラ―「ライフシフト」

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

誰もが100年生きうる時代を

どう生き抜くか!

働き方、学び方、結婚、子育て、

人生のすべてが変わります。

目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル!

世界で活躍するビジネス思想家が示す、

新しい人生のビジョンとは!

みんなが足並みをそろえて教育、

勤労、引退という3つのステージを

生きた時代は終わりました。

では、どのように生き方、

働き方を変えていくべきでしょうか!

その一つの答えが本書にあります。

今こそ、自分の人生を生きよう!

「100年人生」の一大ムーブメントを

巻き起こした30万部のベストセラー、

望のまんが化しました。

長生きなんてしたくない。

今が楽しければよく、

将来に漠然とした不安を抱く

大学生の美咲。

真面目に仕事ばかりし、

遊ぶことは罪だと思っている父。

お金を稼ぐことが男の価値とイコールだと思い、

家庭のことまで気が回らない兄。

「ライフシフト」を実践し、

自分らしく生きる留学生の

エルザに出会った日から、

美咲の家族を巻きこんで、美咲の日常が、

人生が、少しずつ変わり始めます。

長生きなんてしたくない、が

「200年でも生きたい」に変わります。

序章 100年生きる時代がやってきた

1章 「ライフシフト」でどんな荒波も乗り越える

2章 あなたを守る見えない「資産」

3章 遊ぶ=学ぶ=働く

4章 今こそ、自分の人生を生きよう

あなたらしい人生を生きるヒントが見つかる、

勇気の書です。

いかがだったでしょうか!

最後までご覧頂きありがとうございます。

皆様のお役に立てれば幸いです。