職人のすごい技術!ミニチュア大工道具!ミニチュア調理器具とは!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、たけしのニッポンのミカタ!

【世界から絶賛される小さな町工場SP!】

2021年1月22日(金) 22時00分~22時54分 の放送内容

に基づき

「職人のすごい技術!ミニチュア大工道具!ミニチュア調理器具とは!」

と題し調べてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

職人のすごい技術!ミニチュア大工道具!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

本物と同じ出来映え!

職人魂を凝縮した豆道具。

精巧なつくりに思わず目を見張るミニチュア道具。

拡大写真だけを見ると、

その出来映えに本物だと思われた方も

多いのではないでしょうか。

人気のミニチュア刃物シリーズを企画したのは

〈イトー〉の橋本康正氏です。

同社のある兵庫県三木市で生産される

「藩州三木打刃物」は、

1996年に経済産業省から

伝統的工芸品として指定されています。

こちらは実際に試したくなるような

昔懐かしい雰囲気が漂う大工道具のセットです。

ミニチュアシリーズの開発当初、

こちらの完成品を初めて見たときに橋本氏自身

「感激した」と言うほど、

実物にそっくりの仕上がりになったという逸品です。

鉋はしっかりと試しがけをしてあり、

その際に削った鉋屑も付いているという凝りよう。

鑿をつくる職人と鉋をつくる職人は異なりますが、

お互いに出来上がったものを見て切磋琢磨し、

小さいけれど本物と同等かそれ以上の

出来映えになったといいます。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

鑿と鎌、小刀は、その道の熟練職人が製造。

叩くとどこかへ行ってしまったり、

研磨にしても手を怪我してしまったりと、

小さいがゆえに本物以上につくるのが難

しく、手間暇がかかります。

充実したセットなので、飾るのもよいですが、

模型工作など細かな作業用には、

通常の大きさの物より活躍することもあります。

ミニチュアではありますが、

どの道具も本物の製造工程を経ており、

「実際に使える」というテーマのもと、

縮尺やバランスなども細かく

計算されているのがポイントです。

専用の桐箱入りで、

隅々まで職人のこだわりと工夫に満ちています。

ショーケースなどに入れて見て愉しむのもよし、

使って試してみるのもよし、

本格鍛造で道具づくりにかけるそれぞれの

匠の技をじっくりとご堪能したいですね!
  

鑿と鎌、小刀の制作は鋼を熱する焼き入れから研ぎまで、

苦労のし通しだといいます。

小さいだけにより神経を使い、鍛造から研磨まで、

製造の手間は本物以上です。

小さいだけにその製造過程がいかに大変か

苦労が伝わってきますね!

職人のすごい技術!ミニチュア調理器具とは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

ゴールドのハンドルで食卓を華やかに

<バッラリーニ>の「アルミキャセロール」

真鍮製のゴールドの取っ手がゴージャスな、

手のひらサイズの鍋です。

置くだけでテーブルが華やぎます。

<バッラリーニ>はイタリア国内で

製造することにこだわった

1889年創業のクックウェアブランドです。

小さなボディにその伝統技術が詰まった一品です。

アルミ製の鍋は軽いのが特徴。

熱伝導もよいので野菜、魚介類、

などをしっかり煮込めます。

11cmのサイズなら1人前にぴったり。

アツアツの料理をそのままテーブルに

運んで食べられます。

ミニフライパン

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

小さくてかわいいのに機能はそのまま!

ミニチュアの調理器具たち

調理器具の集合

人気調理器具ブランドに、

おままごとで使うような

ミニサイズがあることをご存知ですか?

小さくてかわいいビジュアルは、

そのまま食卓に出せばインスタ映えもバッチリ。

見た目はミニでも機能性は

通常サイズと変わらないので、

使い勝手も抜群です。

ごく簡単な料理やデザートもこの

ミニフライパンに載せるだけで、

エレガントで素敵なメニューに早変わりします。

銅製のため熱伝導率が高く、

バターを溶かしたり、

ソースを作ったりするのにぴったりの

フライパンです。

オーブンにも入れられますし、

小ぶりのパンケーキを焼いたり、

アミューズを載せたりしてもおしゃれ。

食卓にそのまま出しても

上品に決まる優れものなんです。

いかがだったでしょうか!

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

皆様のお役に立てれば幸いです。