宝メシ熱々の石料理とは!愛媛特産里芋料理!秋田伝統川魚料理!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、 お取り寄せ不可!? 

列島縦断 宝メシグランプリ 2021「パート1」

2021年1月11日(月) 19時30分~20時45分 の放送内容

に基づき、

「宝メシ熱々の石料理とは!愛媛特産里芋料理!秋田伝統川魚料理!」

と題して書いてみました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

宝メシ熱々の石料理とは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

周囲23キロ、日本海にぽっかり浮かぶ、

自然豊かな小島、新潟県・粟島を

ご存じでしょうか!

特産物も多く、観光地として賑わいを見せています。

粟島の代表的郷土料理と言われ、

熱した焼き石をお椀に入れて煮立たせるのが

特徴の〈わっぱ煮〉です。

他人に教えたくないほど美味しいことから.

〈いうなよ〉という別名まで

つけられたえだまめ〈一人娘〉

浅瀬でとれる磯ダコと粟島産のじゃがいもを

一緒に煮詰めた〈芋だこ〉などです。

この〈わっぱ煮〉というのが、

輪状の食器に粟島で採れた新鮮な魚とネギ、

味噌を入れ、食べる直前に真っ赤に焼いた石で

一気に煮立たせた漁師料理。

漁師の方々の間で脈々と受け継がれてきた、

これぞ伝統の味です。

マグマのようにグツグツ煮た立ち

湯気に覆われた見た目と、

まるで海が近くにあるかのように

漂う磯と味噌の香り、

それに香ばしく焼いた魚との

ハーモニーが楽しめます。

粟島の人から愛され続けた郷土料理

初めての人はたぶんビックリすると思います。

宝メシ愛媛特産里芋料理!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

いもたきは、愛媛県において、

秋に月見を兼ねて、

屋外で「いも」を「たき」(炊き)、

それを肴に大勢で宴会することです。

河川敷などで行われ、「いも」は里芋

大洲地方では夏芋と呼ぶ)

がよく用いられます。

大洲市が始まりとも伝えられていますが

今日では南予を中心とした

愛媛県下で広く行われています。

大洲市のいもたきは、

藩政時代に行われていた「お籠り」と呼ばれる、

親睦行事が起源とされているそうです。

秋の社日に、土地の神に新芋を供えて、

その年の豊作を祈願する風習が由来とされ、

この風習自体は西日本各地で行われていました。

ねっとりした里芋とオプションの肉が魅力の鍋

いもたき

東温市の『いもたき』は、

旧川内町の地元有志が始めてから、

30年以上続いています。

具材に使われる里芋は、東温市の特産品です。

早い時期に収穫したものを早生芋と呼び、

ねばっこくとろけるような食感が特徴です。

かつおと昆布でとった出汁は、

うどんの出汁を少し甘くしたような醤油味で、

13種類の具それぞれの味を引き立てています。

特別メニューでは、きじ肉、かも肉を

加えると濃厚で、また、美味しさも格別です。

山形県の「芋煮鍋」とどこか共通しますね!

宝メシ秋田伝統川魚料理!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/ 

秋田の河川に生息する魚で古くから

食用とされてきたのは、

イワナ、ヤマメ、アユ、サクラマス、川マス、

カジカ、サケ、ウグイ、八つ目ウナギ、サワガニ、

シラウオ、シロウオなど多数です。

平地の田んぼや堰、沼に生息する魚貝類では、

ドジョウ、コイ、フナ、ナマズ、ワカサギ、

タニシ、カラスガイなどです。

秋田は、何と言っても淡水魚の宝庫で、

獲る楽しみ、食べる楽しみに溢れています。

イワナは、人里離れた深山幽谷に棲み、

「谷の精霊」とか「渓流の王者」「幻の怪魚」

「神秘の美魚」

といった様々な形容詞で飾られることが多いですね!

全国各地に数々の伝説を持つ山魚・イワナは、

常に神秘的なイメージがつきまといます。

しかし、秋田の山村では、度重なる移植放流の歴史や

「盆魚=イワナ」の風習、

イワナ職漁師など、山村の暮らしに

最も密着した川魚の筆頭でした。

▼イワナコウベ酒(鳥海山麓)

焼いたイワナの頭をタイのコウベ酒と同じ方法で、

イワナのコウベ酒を飲んでいます。

酒の味に清流イワナのエキスが溶け込み絶品です。

▼イワナの笹焼き(森吉町)

渓流でイワナを釣り、

その場で持参した味噌をイワナに塗り、

何枚も笹の葉でくるみ、

焚き火で焼いて食べます。

笹の葉の香りがイワナにしみ込んで

風味満点の即席料理です。

ここまで書いてくると

イワナの骨酒が飲みたくなりました。

いかがだったでしょうか!

今日は、

「宝メシ熱々の石料理とは!愛媛特産里芋料理!秋田伝統川魚料理!」

と題して書いてみました。

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

皆様のお役に立てれば幸いです。