玉ねぎ!魔法の切り方!芯たまねぎとは!見分けのポイントは?

こんにちは! アツボ―です。

今日は、

ガッテン!「サル直伝!?快感つるりん たまねぎ激ウマ新世界SP」

2020年12月23日(水) 15時08分~15時55分 の放送内容に基づき

「玉ねぎ!魔法の切り方!芯たまねぎとは!見分けのポイントは?」

と題し書いて見ました。

どうぞ皆さんもご覧ください!

スポンサーリンク

玉ねぎ!魔法の切り方!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

私たちの身体をサビさせない抗酸化物質を含む

野菜のひとつにタマネギがあります。

生のタマネギが持つ独特の辛味成分「アリシン」は、

疲労回復効果があると言われ、夏バテが気になる

季節には積極に食べるようにしたいですね!

ところで、同じ量のタマネギを食べるのでも、

その食べ方にちょっとした工夫を加えるだけで、

吸収する栄養分に変化があるといいます。

タマネギの成分のアリシンは、

包丁で細胞を切ることで増えるといいます。

タマネギは、縦長の繊維に沿って細胞が並んでいますが

その繊維に対して直角に包丁を入れることで、

繊維に沿って切るときよりも細胞がつぶれるために

壊れやすくなります。

より多くの細胞が壊れれば、アリシンの量は増すため、

アンチエイジング効果や疲労回復効果も増します。

つまり、まな板の上に置いたタマネギは、

縦に切るのではなく、

横に切ることで、アンチエイジング効果と

疲労回復効果を発揮するとされているのです。

タマネギをサラダで食べるとき、ぜひ試してみたいですね!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

玉ねぎの切り方「薄切り」

薄切りにした玉ねぎは、炒め物やサラダ、マリネ、

煮込み料理など何にでも使いやすく、

特に出番の多い切り方ですよね!

① 皮をむいて半分に切った玉ねぎは、

ほぐしやすくなるよう芯の部分をV字に切り落とします。

② 切り口が下になるように置いたら、

端から好みの厚さになるようにカット。

シンプルな切り方ですが、切る方向によって食感が変わります。

シャキシャキ感を残すなら繊維に沿って、

やわらかな食感にしたいなら繊維を断ち切る方向に切るといいですね!

玉ねぎ!芯たまねぎとは!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

人によって玉ねぎの芯がどこを指すのか違うので

まずは各部の名称を確認しましょう。

玉ねぎのなかでも、何気なくふだん口にしている部分は

「葉」で、根元にあるのが「茎」です。

つまり、葉がギュッとつまって太くなったのが

玉ねぎの正体なんです。

ここでは、茎から頭の部分にかけての葉の中心部分を

芯」と呼ぶことにします。

玉ねぎの芯は食べられる?

玉ねぎの芯は食べても問題ありません。

体に悪影響があるどころか、

むしろ栄養素が多く含まれる部分です。

しっかり食べましょう。

茎の部分は少し固くて食べにくいので、

苦手な人はV時に切れ込みを入れて取り除くといいですよ。

ただし、葉全部をつなぎとめている中心の部分でもあるので、

取り除いてしまうと葉がバラけてしまいます。

切るときに形が崩れて切りにくくなることもあるのは覚えて

おくといいですね!

玉ねぎの芯はどんなときに取るの?

玉ねぎの芯は食べられるので、

基本的に取り除く必要はありません。

ただ、調理せずにしばらく放置した玉ねぎからネギのような

芽が出はじめたときは、芯の部分も取り除く必要があります。

芽が出るほど放置していると、

芯の部分が茶色く変色して腐っていることもあるからです。

玉ねぎ!見分けのポイントは?

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

おいしい玉ねぎの選び方のポイント

 表皮が乾燥し、つやがある

・ 中身がかたく引き締まっている

・ 球形に近い

・ 傷がない

・ 芽や根が出ていない

玉ねぎは乾燥させてから出荷されます。

皮と実が一体となってつややかな玉ねぎが良質です。

芽や根が伸びていると味が落ちます。

・丸々としている

・頭部がぎゅと締まっている

丸みを帯びているほうが味がよいといわれています。

頭部分も広がっているものより締まっているほうがよいとされます。

触感

・頭部や根の部分が固い

・重量感がある

硬くて重量感があるほうが、

たっぷりと水分含んでおいしい証拠です。

頭部や根の部分を軽く押してやわらかい場合は、

傷み始めていますので要注意です。

いかがだったでしょうか!

今日は、

「玉ねぎ!魔法の切り方!芯たまねぎとは!見分けのポイントは?」

書いてみました。

皆様のお役に立てれば幸いです。

本日は誠にありがとうございました。