ゼメリング鉄道!世界初の山岳鉄道!世界遺産登録路線に乗りたい!

こんにちは! アツボ―です。

今日は、世界遺産「世界初!アルプスを越えた山岳鉄道」
2021年1月24日(日) 18時00分~18時30分 の放送内容

に基づいて

「ゼメリング鉄道!世界初の山岳鉄道!世界遺産登録路線に乗りたい!」

と題し調べてみました。

どうぞ皆さんご覧ください!

スポンサーリンク

ゼメリング鉄道!世界初の山岳鉄道!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

世界の山岳鉄道と聞いて多くの方が

思い浮かべるのが、

スイスの鉄道ではないでしょうか。

実はここオーストリアにある世界遺産

「ゼメリング鉄道」

世界で最初にアルプスを越えた鉄道なんです。

この鉄道のすごさは、橋やトンネルが

全て石で造られている事なんです。

そんな自然との調和が評価され、1998年、

鉄道としては初の世界遺産に登録されました。

それでは、世界遺産「ゼメリング鉄道」の

魅力を見てみましょう。

首都ウィーンからオーストリア有数の

都市グラーツに向かうルートには、

途中アルプス越えの難所が有り、

昔は馬車でしか往来できませんでした。

そこで造られたのが、グログニッツから

ゼメリングを経由し、ミュルツツーシュラークに至る

全長41.8kmの世界遺産「ゼメリング鉄道」です。

近代的な土木機械もダイナマイトも無かった時代、

殆ど人力ながら6年という短期間で

鉄道を完成させたのは、正に驚きですね!

更に重要なのは、この路線が今も現役で

活躍しているという事実です。

その秘密は、現在世界中で採用されている

線路の幅”国際標準軌”

ヨーロッパで最初に導入したのが、

この鉄道だったんですね!

もう一つ、鉄道の随所に優れた設計を

見ることができます。

中でも100を超えて造られた石橋が、

強固な造りで有名な古代ローマ建築様式で

造られていた事も見逃せません。

現在世界遺産の中で、

鉄道そのものが世界遺産として登録されたのは

僅かに3つなんです。

その第一号がこのゼメリング鉄道です。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

この鉄道の周辺には幾つかの

ハイキングコースが設定されており、、

乗車しているだけでは見られない

素晴らしい景観を楽しむことが出来ます。

是非途中下車をして散策したいですね!

ゼメリング鉄道!世界遺産登録路線に乗りたい!

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

オーストリアの首都ウィーンから僅か

80キロの位置にあるのがセンメリング鉄道です。

ウィーンから第二の都市グラーツや、

イタリア方面への路線の一部の区間に

センメリング鉄道はあります。

なので乗車している間に知らずに

世界遺産を通過している方も多いのでは?

世界遺産の指定区間はグログニッツ駅から

ミュルツツーシュラーク駅までの約42キロの区間で、

その間にある橋、トンネルなどが指定されています。

景観を壊さずに作られた建造物群は美しいので

車窓だけでなく、下車して楽しむのもオススメですね!

電車に乗っているだけでもセンメリング鉄道は楽しめます。

これはセンメリング峠を越える為に作られた鉄道なので、

峠に沿って線路がある為に沢山カーブがあるのです。

橋もカーブしていたりするのでカーブの時に

外を眺めると美しい橋も見る事ができます。

16のトンネルと16の高架橋のいくつかは

車窓からも楽しめます。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

世界遺産になるには歴史はもちろんですが、

建築やその技術、そして景観なども重要です。

センメリング鉄道の世界遺産である部分を

堪能するのであれば

電車を降りて自分の足で見に行くのが一番ですが、

世界遺産の指定区間である42キロを

歩くのはとても大変です。

そこで、目玉とも言える区間を手軽に歩ける

オススメのハイキングコースがあります。

出典元:https://www.yahoo.co.jp/

斜度がそれほどないハイキングコースを歩きます。

コースの地図は駅内の博物館で頂けます。

ハイキングコースは日本では見た事がない

トカゲや植物をみれて楽しめます。

町がとても綺麗で各御宅の寄植えが素敵です。

ゼメンリク駅から山を通って隣の

ブライティンシュタイン駅まで歩いて、

一般道を通ってゼメンリク駅に戻るコースがお勧めです。

博物館、飲食店はゼメンリク駅周辺しかないので

距離は歩きますが、

行きに情報を得、帰りに食事やお土産を

買って帰れるのがいいですね!

いかがだったでしょうか!

今日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

皆様のお役に立てれば幸いです。